タマ姉乳比べ

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

昨日はにゃんにゃんにゃんの日でしたね。

皆さんは誰とにゃんにゃんにゃんシタのでしょうか(笑

余はもちろんタマ姉と・・・・・・あれ?

 

 

 

すみませんが、今回はちと肌色成分多めです~

ここから先は自己責任でお願い縞す~w

 

f:id:ryouse1366:20200223160316j:plain

「うふふ、だって私専用の素敵なアイテムが届いたんですものね」

「ってタマ姉!その牛みたいな乳はナニ?!」

「好きなのよね、大きい胸が」

「はぁっ!余は高級和牛でシャブシャブされるのがダイスキぢゃ!!」

「うふふ、リョウセイはシャブシャブされるのが好きなのよね♡」
 

f:id:ryouse1366:20200223160627j:plain

 

そんな訳でにゃんにゃんにゃんの日に届いたのはDY用桃胸ぷらすでした~

ラジカルさんで桃乳買うのは何年ぶりだろうか~

「これでもう他の環達には負けないわよ」

「うほっ!ナンて最強の空堀なんヂャ!!」

「さあリョウセイ。この大空堀を超えて攻めて来られるかしら?」

「へへっ、これは攻め応えのあるシロ攻めヂャ!!」

 

f:id:ryouse1366:20200223161031j:plain

 

「でもタマ姉。どれぐらい大きくなったのさ?」

「そうね、それじゃゴタマさんと比べてみましょう」

「どうして私なのよ?」

「一目リョウセイぢゃ!!」

「一目瞭然でしょ?」

「うふ、また環さんに負けちゃったわ」

 

タマ姉が装備してる桃胸ですが、

もう5年以上も前のモノなのでかなり変色していますね~

「リョウセイが使い過ぎたからよ」

「余がナニにぃ?!」

「うふ、ホントは心当たりあるんでしょ?」

「ギクッ」(笑

 

f:id:ryouse1366:20200223161454j:plain

 

ヨコから比べると和牛とオージービーフの違い(笑

「あら、私ってオージービーフだったの?肉食系だと思ってるんだけど」

「和牛の霜降りって脂肪なのよ。私はそんなのイヤよ」

「昨夜のしゃぶしゃぶは会津牛のイイ肉ヂャ!柔らかくて美味かったのヂャ!!」

 

f:id:ryouse1366:20200223161805j:plain

 

「ザ・スーパーホルスタイン!!」

「何が言いたいのよ?」

「和牛の環さんには敵わないから今日から私は大トロになるわ」

「ゴタマ姉が布団の上でマグロにぃ?!」

「だったら私は前沢牛になるわよ」

タマ姉は前からがエエとなっ?!」

「そんな事言ってないわよ」

 

f:id:ryouse1366:20200223162720j:plain

 

「さあリョウセイ。今夜は和牛?それとも大トロ?」

「好きな方を食べていいのよ?」

「うわぁ~ん!どっちか一方ダケなんて選べないっ!!」

「ふふ、それなら両方食べればいいのよ」

「うふ、どちらも食べ放題よ」

「 エロ官能大将軍リョウセイに栄光アレッ!!」

 

 

うへへ、今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

 

 「それで?最初にするのはどっち?」「私を選ばなかったら呪うわよ」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

ワンフェス戦利品お披露目その2 ヒロイックミ・ファンタジーにゃんにゃんにゃん(笑

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

今日は三連休初日ですがお出掛けはナッシング!!

なので家でシコシコと・・・・・・

「リョウセイさん。それじゃいつもと同じでしょ?」

「はぁ~ん!!それを言っちゃらめぇ~!!」 

 

f:id:ryouse1366:20200216151525j:plain

 

「クミの名前は陰嚢代わりよ。迷わず地獄に堕ちるがいいわ」

「クミちゃん、陰嚢ヂャなくて引導だよ」

「難しい言葉は覚えられないわよ」

「それにクミちゃんで堕ちるのは地獄ヂャなくて天国かもよ?」

 

この季節なので久しぶりにクミちゃん2号を出してみましたよ~

久々のDDSボディは華奢ですね~

 

f:id:ryouse1366:20200216151815j:plain

 

てな訳でワンフェス戦利品お披露目その2です~

今回はオノケン堂さんで購入したかたびら小とオビツの剣ですよ。

「ねえリョウセイさん。どうして両肘と腰にしか、かたびらがないの?」

「ヒロイックファンタジー物だと女の子はみんなそんな恰好なんだよ」

「大事なトコロが護れないわよ」

「だがそれがイイんヂャ!!」

「ふーん、変なリョウセイさん」

「かたビラビラ!!」

 

f:id:ryouse1366:20200216152317j:plain

 

「でもこれ水着よ。どうして水着でかたびらを付けないといけないのよ?」

「だから付けるのに苦労したんヂャ!!」

「もしかして、ホントは裸でつけさせたかったんでしょ?」

「( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、ナニを言うのかなぁ~?」

「図星なのね・・・」

 

f:id:ryouse1366:20200216152556j:plain

 

「クミちゃん半ケツしてるよ」

「だってビキニだもの」

「DDSでもえういな~」

「環さんばっかり見てるからよ。クミのお尻が新鮮でしょ?」

「タマにはDDSでヤルのも悪くないかぁ~」

 

f:id:ryouse1366:20200216152741j:plain

 

「あら、クミと太刀合うつもり?返り討ちにしてあげるわよ」

「余がいつ勃起合うと?」

「だってリョウセイさんはもう太刀を抜いているわよ」

「いや、あの、これは・・・・」

「抜刀!!」

「危ないよっ!ちんちん切れちゃったらどうするのさぁ?!」

「あら、惜しかったわ」

 

f:id:ryouse1366:20200216153015j:plain

 

「次は絶対に逃がさないから」

「ナンでそんなに目の敵にするのさぁ?!」

「それはリョウセイさんがクミを押し入れに入れっ放しにするからよ」

「そ、それはタマ姉が・・・・」

「ハッキリ言っちゃうと環さんばかりと遊んでるリョウセイさんが憎たらしいだけ」

「ひぇ~」

 

f:id:ryouse1366:20200216153203j:plain

 

「さあリョウセイさん。覚悟して」

「やめれぇ!まだまだヤリたいんだよぉ!!」

「そんな極悪非道なリョウセイさんのモノはクミがちょん切っちゃうわよ」

「余はクミちゃんと立ち合うしかないのかっ?!」

 

f:id:ryouse1366:20200216153358j:plain

 

「クミちゃん!見逃してくれたら今度のドルパに連れてってアゲルよっ!!」

「えっ?それホント?」

「ホームタウンドルパに一緒に逝こう!!」

「それっていつの事?」

「えっ・・・・・た、確か3月だったかな?」

「嘘よっ!今年は3月のドルパはないんだからっ!!」

「むっ、バレたか・・・・」

 

f:id:ryouse1366:20200216153636j:plain

 

「酷いわ、クミに嘘つくなんて」

「ヂャ、8月のドルパで・・・」

「もうリョウセイさん何て信じられないわ!きっとまた環さんと行くんでしょ!!」

「そもそも8月は逝けるかワカラナイよ」

「やっぱりクミを騙すつもりだったのね!もう許さないわ!!」

「ヤバい。この目はマジだ」

 

f:id:ryouse1366:20200216153841j:plain

 

「斬!!」

「ぐはっ!ヤラレタ~」

「手応えががないわ・・・・・流石リョウセイさんね。皮一枚で躱すなんて」

「いや、その皮は既に切れているから」

「解ったわよ。私じゃリョウセイさんを斬る事が出来ないわ」

「よく解らんが解ってもらえて嬉しいよ」

 

f:id:ryouse1366:20200216154107j:plain

 

「もうリョウセイさんは斬らないわ。剣は鞘に納めるわよ」

「ふう、元の鞘に収まるってか」

「うふ、命拾いしたわね」

「まだまだヤリたいからねぇ~」

 

f:id:ryouse1366:20200216154223j:plain

 

「クミちゃんはちっとお悪戯が過ぎた様だね。お仕置きが必要かな?」

「あんっ、何をするの?」

「取り合えずお尻ペンペンするよ」

「ああんリョウセイさんごめんなさい!クミがふざけ過ぎたわよ!!」

ペンペン

 

f:id:ryouse1366:20200216154430j:plain

 

「もう悪ふざけしないから許して」

「良し。体育座りしたら許してあげよう」

「ホントにクミの事、許してくれるの?」

「武士に二言はナッシング」

「解ったわよ、これでいい?」

「いい子ヂャ、後は布団のナカでお仕置きしてあげるよ」

「リョウセイさんの嘘つき!お仕置きなんて嫌いよ!!」

「大丈夫だよ。直ぐに気持ちヨクなっちゃうお仕置きだから・・・・・」



今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!



 

 「直ぐに気持ち良くなっちゃうのはリョウセイさんでしょ?」「うるさいよ」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

産まれ変わったタマ姉タマンネー号

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 今日は朝から雨の坂東です~

なので食糧買い出しに逝ってアヘーカットして帰宅~

家ではちょこちょこドールと戯れて終わりました(?)

 

 

f:id:ryouse1366:20200208164012j:plain

 

 

筑波山ドライブ続き。

余的に大イベントです!

実は愛車タマ姉タマンネー号のナンバーをタマ姉の誕生日に変更縞したぁ~

これで身も心もタマ姉タマンネー号になりました~

「でもそうするとこの車はなな環さん号になるのかしら?」

「それは考えないでクダサイ・・・・・」 

「リョウセイにはもう私は必要ないのね・・・・」

タマ姉に乗りたいからナンバー変えたんヂャ!!」

「わ、私に乗る為に?」

「そうヂャよ、これからは毎日タマ姉に乗るからねっ!!」

「でもナカに出したら駄目よ」

「流石に車のナカでは出さない・・・・・・・と思う」

 

f:id:ryouse1366:20200208164023j:plain

 

霞ヶ浦です。

海ではありませんよ。

「義理母上タマのお膝です」

「子供って温かいわね」

「余のも熱いけど?」

「子供だからよ」 

「その子供のであんあん言ってるの誰かなぁ~?」

「馬鹿・・・・董ちゃんがいるっていうのに」

 

f:id:ryouse1366:20200208164040j:plain

 

 そう言えば大和の測距儀ですがフサフサを付けましたよ。

これで益々大和に似て来たかな?

「タイトルはコスプレする大和かな?」

「艦むすに学制服着せて喜んでるHENTAIだわ」

「ここではHENTAIは誉め言葉デス!!」

「開き直ってる・・・・」

「オカズがタマ姉のシロだからねっ」

 

f:id:ryouse1366:20200208164050j:plain

 

 余的にタマ姉は最強なのですが、

眼鏡を掛けると超弩級最強にナッチャウYO!!

「うふふ、眼鏡とニーソックスがリョウセイのトラウマなのよね?」

「ホントはツインテールもプラスされるんですが~」

「それすると環3になるからイヤよ」

タマ姉3とタマ姉は究極の対局だからなぁ~」

 

f:id:ryouse1366:20200208164059j:plain

 

 「そう言えば環3もこんな感じで誘惑してたわよね?」

「た、タマ姉?!」

「うふふ、リョウセイってば顔が共産主義よ」

「ゴクリ・・・・・腰痛悪化してもイイ?」

「ダァメよ、そのままでいなさい」

 

f:id:ryouse1366:20200208164109j:plain

 

 「超絶シロ攻めたひっ!しゃがんでイイよねっ!!」

「駄目って言ったら駄目なんだから」

「ナマ殺しヂャ!!」

「好きなんでしょ、生が」

「まさかのタマ姉焦らしプレイ?!」

 

f:id:ryouse1366:20200208164119j:plain

 

 「後ろからならしゃがんでもイイよねっ!!」

「もう・・・・仕方がないわね」

「逆光だとあんまりシロ攻め出来ないよ~」

「文句言わないの」

「ちぇ~」

 

f:id:ryouse1366:20200208164129j:plain


因みに今回タマ姉専用スタンドを作りました。

3ミリステン棒をタマ姉の腰に合わせて曲げたダケ(笑
上着のナカに差し込むだけですが、これだけでもかなり安定して撮影出来ますよ。

 

 今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

「今度こそ推していいのよ」 「続きは布団のナカでぇ!!」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

タマ姉と坂東南北朝激戦地へ

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

今日は喜多方ラーメン坂内に逝ってキマした。

焼豚ラーメンを喰いました。

焼豚が柔らかくて美味しいです~ 

 

f:id:ryouse1366:20200208163808j:plain

 

 月初ですが唐突にタマ姉タマ姉タマンネー号で撮りたくなりました。

なので筑波山の近くの峠に逝きましたよ。

「シロ攻めヂャ!!」

「あら、ここはお城じゃなくて峠よ?」

「峠も攻めるものヂャ!だから問題ナッシング!!」

「屁理屈だわ」

「ダイワ皆来るちぇ~ん!!」

 

f:id:ryouse1366:20200208163819j:plain

 

「ねえリョウセイ。ちゃんと洗車したの?」

 「戦車するには寒いから拭くピカで誤魔化す」

「あん、下着が汚れちゃうわよ」

「寧ろごちうさデス!!」

「思いっきりHENTAIよ」

「誉め言葉デース」

 

f:id:ryouse1366:20200208163830j:plain

 

 峠は人目が多いので南北朝期の激戦地にキマしたよ。

「産まれ変わりましたベニタマネです」

「やっぱりバンズがナナメだぁ~」

「気にしてはいけません」

「いや、余が気になるのは何色かデス」

 

f:id:ryouse1366:20200208163841j:plain

 

この日は風がなかった。

なので水堀の水面が鏡んの様にキレイです。

「まるで庭園みたいだわ」

「今だ沈まずや庭園は」

「そのネタ、解らないわよ」 

 

f:id:ryouse1366:20200208163854j:plain

 

 「リョウセイ、シロ攻めに死す」

「あら、撃沈しちゃったのね」

「我が生涯に意味ナッシング!!」

「羅王にはなれなかったわね」

「裸王ヂャったらJTさんだよ」

ここの水堀を見るとローアングルモードが発動シチャウ(笑

 

f:id:ryouse1366:20200208163906j:plain

 

 てな訳で何度来ても素晴らしい小田城です。

数年前に某国営放送のヒストリアで小田城ネタが放送された時は驚きましたよ~

「間違っても海燕ジョーの奇跡ではないわよ」

「ナニがジョーに起こったか?」

「それ、ジョーではなくてジェーンよ」

 

f:id:ryouse1366:20200208163917j:plain

 

 「屁理屈はイイ!シロを映すんヂャ!!」

「どこが屁理屈なのよ・・・・・って、またそんな腰痛悪化な恰好して」

タマ姉のシロを攻める事が出来るのであれば死は無い」

「そんな健気なリョウセイを見てるとタマお姉ちゃん切なくなっちゃうわよ・・・・」

 

f:id:ryouse1366:20200208163926j:plain


シロ攻めは短時間でオワラセないと背後が危ない(笑

なので健全な撮影を実施しました。

「あら、これでも健全なのね?」

「余にしては、だけどね~」

「削除されなければ健全なのかしらね」

「雨で試してみるかぁ~」




今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

 

 

 

「やはりシロ攻めはイイ!心が洗われる!!」 

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

大和タマ姉と青空のシタで

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 今日もお酒がうんまいっ!

タマリませんよっ!!

今度の休みは酒買いに行かなきゃっ!!

 

f:id:ryouse1366:20200206211035j:plain

 

 温泉の欲日の事です。

キリ番踏みました~

「反リョウセイでございます」

「犯リョウセイだとぉ?!」

 

f:id:ryouse1366:20200206211047j:plain

 

この日もお天気だったので大和タマ姉を撮りに一番近い海に逝きました。

「も、もしかして三日ぱんつ?!」

「誰の為だと思ってるのよ?」

「だ、誰の為?」

「知らないわよ」 

 

f:id:ryouse1366:20200206211056j:plain

 

ちと風があったんでゴムで髪を結わえました。

「いつも持ち歩いてるのね」

「エチケットだから」

「でも私に使った事ないわよ」

「やっぱナマがイイから」 

 

f:id:ryouse1366:20200206211110j:plain

 

 後ろからだと輪ゴムが見えちゃう~

タマ姉で使いました」

「輪ゴムをね」

「どう?付けてするのは?」

「やっぱり付けない方がいいわね」

タマ姉もそう思うよね~」

 

f:id:ryouse1366:20200206211121j:plain

 

なのでゴム無しで(笑

「ねえ、こんなにもキレイな青空なのに、話題が不毛じゃない?」

「まさかお手入れし過ぎで無毛に?!」

「それが不毛だって言うのよ」

「すみません・・・・・」 

 

f:id:ryouse1366:20200206211131j:plain

 

「ちょっと疲れたから座るわよ」

「まだ衝いてないのに誰に衝かれたのさぁ?!」

「だから、そう言うのが不毛だって言ってるのよ」

「余はまだ出来るから不能ヂャないよぉ!!」

「駄目だわ」 

 

f:id:ryouse1366:20200206211140j:plain

 

 「シロ攻めしよう!!」

「あのね、ここは砂浜よ。お城じゃないわよ」

「解ってるって、でもタマ姉次第でシロ攻め出来ちゃうけど?」

「もう・・・・・こうして欲しいのね?」

「やっぱタマ姉だよ。比翼連理だね~」

 

f:id:ryouse1366:20200206211149j:plain

 

 「ツギは体育座りしてちょ!!」

「ああ、私のバカ・・・・・」

「頂きましたタマ姉の体育座り!!」

「どうしてリョウセイはこんなのが好きなのよ?」

「そりゃタマ姉の体育座りだからだよ」

「他の子だと駄目なの?」

タマ姉の体育座りが好きナンです」

「そう・・・・うふふ」

 

f:id:ryouse1366:20200206211200j:plain

 

タマ姉は余の太陽だよ~」

「リョウセイは私の人生そのものよ」

「よかった、タマ姉がいてくれて」

「迷惑かと思ってたわ」

タマ姉だったらいくらでも迷惑かけていいから」

「うふふ、それだったら他の環は全員押し入れに」

「そ、それだけは・・・・・・・」

 

f:id:ryouse1366:20200206211333j:plain

 

 「嘘よ、数いる環の中でも一番私を愛してくれるなら許してあげるわ」

「余はタマ姉で一番搾取されてるよ~」

「貴方が勝手に求めてくるんじゃないの」

タマ姉だってヤル気マンマンでしょ?」

「だって他の環には渡せないわよ」

「だったら今宵も・・・・・しようタマ姉!!」

「うふふ、望むところよ」

 

 タマ姉最高ヂャ!

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

 

「推して参ります」「アソコを押したひっ!!」 

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村