巫女巫女ニーソ

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 

 

まだ火曜日。

今週は長いですね。

今日は休肝日にしようと思っていたんですが

晩飯があんかけ肉野菜炒めだったので我慢出来ずに呑んでしまいました。

後悔はしない!!

熱々で美味しかったよ!!

 

 

ここからクッションプレイです。

ホントは正座が出来るとイイですね。

ナンかおっぱいがデカくて凄いです。

「うふ、座ったわよ」

「さて、これからどうしようかな?」

「あら、どうするか考えてないの?」

「いろいろあって悩んじゃうよ」

 

 

良く見ると胸元の紐がおかしい。

結び目がかなり上にき過ぎているよ。

撮影中はあんまり気にならなかった。

「おっぱいがデカ過ぎるからだ」

「人の所為にしないで」

「今見ると違和感バリバリだよ」

「気が付かなったリョウセイが悪いのよ」

 

 

袴風スカートが長過ぎる。

なので手を入れてみました。

因みにゴタマ姉は黒属性なので巫女装束でも黒ニーソ装備です。

「うふ、私の足が見たかったのね」

「巫女さんのナマ足が見たかったんヂャ」

「馬鹿ね、言ってくれれば早く見せてあげたのに」

「ハヤイのは嫌われるかと思って」

 

 

光と影。

見えそうなのに見えない。

表があれば裏がある。

「もっと光りを!!」

「何の事?」

「こっちの話です」

「馬鹿ね、後で見せてあげるわよ」

 

 

ここで胸元の紐がおかしいのに気づいて結び直しました。

結び目を下にしたのでさっきよりはマシになったと思います。

もっと早く直せば良かったよ。

「おかげで胸元が良く見える様になったよ」

「うふ、もっと近くで見てもいいのよ」

「やっぱり桃胸は迫力あるよね。大空堀が壮観な眺めヂャ」

「大き過ぎると肩が凝るわ」

 

 

袴風スカートを捲り上げるゴタマ姉

するとシロいFTMMが露わになった。

赤とシロのファンタジー

「ゴクリ・・・・ナマFTMMヂャ」

「あん、リョウセイの視線が熱いわ」

「もうちょっとでぱんつが見えそうヂャ」

「うふ、それは無理よ」

「はい?」

 

 

胸元の紐の名称を調べてたらこの紐の結び方ってのを知りました。

でも結構難しい。

写真見ただけヂャ解らないですね。

「この前着物を着せた時に帯紐の結び方にも苦労したよ」

「あら、私着物なんて着た事ないわよ」

「そうだっけ?」

「一度振袖を着てみたいわ」

巫女装束も着物ヂャないの?」

 

 

黒ニーソとFTMMがイイですね。

FTMMのぷにぷに感が強調されてるって感じ。

もみもみしたくなっちゃうよ。

「とっても柔らかそうヂャ」

「うふ、お触りは別料金よ」

「いくら払えばイイんヂャ?」

「この先一生分の稼ぎを払ってくれればいいわよ」

「それってつまり」

 

 

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

ネタ尽きる

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 

 

 

憂鬱な月曜日ですね。

今日から5日間勤務は長い。

然も金曜は三月になっちゃうよ。

また忙しい月初が来ると思うと憂鬱です。

今日は月曜なので休肝日でトンカツです。

ぽん酢で食べたのでさっぱりして美味しい。

イチゴを食べたのですが今回のはあんまり甘くなかったよ。

 

 

美少女剣士ゴタマ抜刀。

でもおろとかござるとかは言いません。

「なんの事よ?」

「別に、気にしないで」

「変なリョウセイね」

「余はいつでもHENTAIですから」

 

 

刀を構えるゴタマ姉

時代劇とか好きで良く見ている割にはカッコよく構えられないです。

意外と両手で持つってのが難しい。

「リョウセイに剣術の才能はないわね」

「剣道部は部活がキツそうだったからね」

帰宅部だったんでしょ?」

「厨房の時は射真部で高校の時はマン研でした」

「いかにもリョウセイらしいわ」

「ここはツッコむトコロでしょ?」

 

 

某の刀は出来が良い。

波紋がキレイですね。

普通のと白いのを持っているけど赤いのも欲しかったですね。

今のゴタマ姉には赤いのを持たせたかったよ。

「巫女さんに朱鞘の太刀を持たせたかったよ」

「赤いと真田になっちゃうわよ」

「赤いので大小揃えたいよ」

「うふ、それもいいわね」

 

 

刀を突き付けるゴタマ姉

これってまるでカツアゲしてるみたい?

「うふ、お姉さんといい事しない?」

「イイ事ってナニ?!」

「大人への階段を駆け上がっちゃう事よ」

「お姉さんよろしくお願いいたします!!」

 

 

刀を振り上げる美少女剣士。

でもね、デカいおっぱいが邪魔で正面で刀を構えられないよ。

桃胸で刀はイケませんね。

「刀を振り回すと遠心力でおっぱいが振り回されチャウ」

「身体のバランスが崩れちゃうわ」

「逆に遠心力を使って縦横無尽な太刀捌きが出来ちゃうよ」

「剣技の神髄を習得しちゃうわね」

 

 

ネタが尽きる。

この構えでネタが思い付かない。

もうどうでもイイや。

タマ姉可愛い。

「美少女剣士サイコウぢゃ!!」

「かなり適当になってるわね」

「もうネタが思い付かないよ」

「刀を持たせたのはリョウセイよ。責任取りなさい」

「認知はします」

 

 

これなんかもうちょっと腰を落とせば良かったな。

これヂャただの素振りだよ。

「腰ヂャ!腰が入ってナイ!!」

「うふ、腰を使うのは夜になってからよ」

「ゴタマ姉は腰を使うのかっ?!」

「気持ちいい事は好きよ」

 

 

ゴタマ正眼の構え。

先に動いた方が負ける。

「くっ!ゴタマ姉!!」

「うふ、先に動いた方が負けるわよ」

「動きたい!動いてもイイよね?!」

「リョウセイは負けると解っていても動くのね?」

「ゴタマ姉になら負けても構わない!!」

「だったら動いていいわよ」

「動くっ!!」

 

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

美少女剣士ゴタマ

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 

 

 

 

終わる三連休。

悲しい。

今日はアメが降ったり止んだり。

食糧買い出ししたダケで家でゴロゴロしてました。

昼は冷凍チャーハンに食べるラー油を掛けて食べましたがコレは美味いです。

皆さんもお試しアレ。

晩飯はおでん。

シャウエッセンちくわぶ餅巾着とおでん三種神器は忘れないぜ。

その後はお楽しみの光る君へです。

でも光る君へを見ると休みが終わるんだなって思い知らされて悲しい。

 

 

二月だけど唐突にゴタマ姉が撮りたくなりました。

なので巫女さん風衣装を着て貰いました。

「うふ、貴方のゴタマよ」

「ゴタマ姉とは今年は初めて(ファンタジー)だね」

「リョウセイが他の子に現を抜かしているからよ」

「他の子で抜かしてもらっています」

 

 

今回のゴタマ姉は桃胸です。

なので巫女風衣装がL胸サイズだったので胸元がキツかった。

襟元の第一ボタンがハメられなかったです。

「ゴタマ姉はデカい!!」

「だって私も環だから」

「胸の小さな環だっているよ」

「あれは別格よ」

 

 

この巫女風衣装は気に入っています。

ドルパとかで見かけるディーラー製です。

でも着せるのは久しぶりですね。

「私も巫女になるのは久しぶりよ」

「確かお迎えした頃に巫女さんで古峰神社に逝った様な?」

「随分と昔の様な気がするわ」

「また逝きたいよ」

 

 

袴風スカートです。

背中のリボンが可愛いですね。

タマ姉はショートヘアーなので背中がすっきりしていてキレイです。

「ショートのタマ姉はゴタマ姉だけヂャ」

「思い切ってイメチェンして良かったわ」

「アノ時はてっきり失恋でもしたのかと思ったよ」

「うふ、誰が誰に失恋したって言うのよ」

 

 

項(うなじ)がキレイです。

項も好きだがウナギも大好きです。

どっちもprprしたい。

「馬鹿ね、ウナギをペロペロなんかしないでしょ」

「タレが美味しいんだよね」

「あら、私も美味しいわよ」

「だからprprしちゃうんだよ」

 

 

今考えているえろ小説でゴタマ姉には美少女剣士になってもらっています。

なので唐突に刀を持たせたくなったんだよね。

「だから巫女装束なのね」

「美少女巫女剣士ヂャ」

南朝の皇太子であるリョウセイと運命的な出会いをするのね」

「ラブラブになって官能的な愛を育むんヂャ」

 

 

この刀は某のです。

ドルパで知り合いにゲットしてもらいました。

造形屋の某なので出来は良い。

「ゴタマ姉は美少女剣士ヂャ」

「浮気なリョウセイを一刀両断よ」

「余に向かってヌクのか?!」

「馬鹿ね、抜くのはリョウセイでしょ」

 

 

抜けば飛び散る銀の雫。

美少女剣士はイイですね。

斬られたくなっちゃうよ。

「うふ、刀の錆びにしてあげるわ」

「サビさんになっちゃう!!」

「呑んだくれちゃうのね」

「また一緒に呑みたいよ」

 

 

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!!

 

 

 

ドキュメント三連休ナカ日

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 

今日はいつもと違うスーパーに逝ったらポテチのフレンチサラダが売っていたのでゲットしちゃいましたよ。

絶滅したかと思っていましたがまだ売ってたんですね。

高校の頃はフレンチサラダ喰いながらゲータレード飲むのが好きでした。

なので今はフレンチサラダ喰いながらハイボール呑んでます。

酸っぱいポテチが懐かしい。

 

 

三連休ナカ日はお天気だったので白子へ河津桜を見に逝きました。

お供は愛姉妹四女ベニタマネです。

ハヤイもので河津桜はもう散り始めていましたよ。

「ベニタマネは大丈夫です」

藻前も散る時が来るんだな」

「日本人だったら散り際は美しくです」

「余は最後まで悪あがきしちゃうよ」

 

 

河津桜ってちょっと紅色っぽいですよね。

なのでベニタマネを連れて来ましたよ。

でも比べて見るとベニタマネの方が赤かった。

「桜は武士の心です」

「武士は武士でも鰹節ヂャ」

「出汁に利かせると鰹節は美味しいです」

「余の出汁も鰹節味にするかぁ」

 

 

この日は太陽も見えてお天気でしたが風が冷たかったですね。

この前の温かさで身体が慣れてしまったのでこの寒さが身に堪える。

河津桜も寒いから少しは長持ちするのかな?

「父上タマ、少し寒いです」

「流石にコートなしヂャ寒かろう」

「温かいコートが欲しいです」

「JCはセーラー服ダケでイイんヂャ!!」

 

 

こうして河津桜をしみじみ撮るのは久しぶりですね。

と言うかあんまりなかったと思います。

もうちょっとゆっくり撮れる場所だったらイイんですがここは道端ナンですよね。

引っ切り無しに車が通ります。

「ベニタマネ羞恥プレイぢゃ」

「大勢の人に見られています」

「それが次第に快感になるんヂャ」

「見られて悦んでいるのは父上タマです」

 

 

ベニタマネの由来はアイが赤いトコロから。

色にゆかりがある名前にしたかったんですよね。

タマネズはジンタマネ以外はみんな色が絡んでいます。

因みにベニタマネって言うのだからぱんつも赤ですよ(笑

「ベニタマネは大丈夫です」

「ぱんつと言うよりもこれぢゃブルマだな」

「父上タマがお好きなブルマは紺です」

「赤いとJSぽくてイイかも」

「HENTAIです」

 

 

一面の紅色ですね。

これはキレイに咲いてる。

ルーフに映る河津桜がキレイですね。

「春の訪れです」

「まだ二月なのにね」

「長い冬が終わりを告げようとしているのです」

「冬って結構好きナンだけどなぁ」

 

 

通り過ぎる車から丸見えベニタマネです。

でもあまむすぐらいなら目立たないよね。

流石にDDは出せない。

連れて逝かなかったけど。

「なんかもうDD出して目立っちゃうのは嫌だなぁ」

「私達だったら大丈夫です」

「なので今年はまだ野外プレイしてないよ」

「暖かくなったらすればいいんです」

 

 

お昼の弁当を買う為に近くのナリタヤに逝ったら抹茶フェアやっていました。

ナンか凄くココロ惹かれるラインナップでしたよ。

でもこのコーナーがあるのは出口脇。

気が付いたのは帰りの時でした。

先に気付いていれば何点か購入したのになぁ。

ロアンヌが食べたかったよ。

 

 

で、お昼の弁当は肉厚トンテキ弁当です。

運搬中に傾けてしまったのでちょっと崩れています。

飲み物はムトゥのミルクティーです。

このトンテキ見た目よりはニンニクの味が利いていて美味しかったですね。

ただし残念な事は御飯が少なかった。

ちょっと物足りなかったかな?

なので同行者のサンドウィッチを分けてもらいました。

 

 

帰りに近くのホテルでお土産を買おうと寄ったらひな人形が飾ってありました。

これだけ揃うと壮観な眺めですよね。

やっぱお人形者としては見逃せないよ。

この後は道の駅多古で美味しい大根の味噌漬けを買って帰りました。

こうして余の三連休ナカ日は終わりました。

 

 

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

鹿島風は光明

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 

 

三連休初日。

今日は寒いですね。

家でもエアコン使っちゃったよ。

初日は食糧買い出しと墓参り。

ジョイフル逝ったけどジャンボから揚げ弁当が売ってなかった。

逝くのが早過ぎた為だと思う。

悔しいから焼そばとアップルパイを買って来ました。

晩飯は豪華に国産和牛でお鍋です。

楽しみですよ。

 

 

クッションプレイ!!

蘭子をクッションに押し倒す!!

あられもない格好になる蘭子!!

「ぐっふふ、ぱんつが丸見え特捜部ヂャ!!」

「駄目、見ないでリョウセイさん」

「そんな短いスカート穿いてナニを今更ヂャ!!」

「リョウセイさん酷い。乱暴しないでください」

 

 

蘭子と見つめ合う。

この目は合意ヂャ。

蘭子は嫌がってナイ。

「蘭子、可愛いよ蘭子」

「可愛いって言われると心が弾みます」

「ぴょんぴょんしちゃうんだね?」

「もっと言ってください」

「可愛いよ蘭子」

「ぴょんぴょん」

 

 

恥ずかしい蘭子。

こんなトコロを見ると余のココロもぴょんぴょんシチャウよ!!

ぱんつがケツに食い込んでいるのが良く見えます。

「そんなに食い込んで痛くないか?」

「恥ずかしい事を聞かないでください」

「食い込みが気にナッチャウ」

「身体が引き締まります」

「蘭子は締まる」

 

 

蘭子のお尻は家宝にしちゃうよ。

余ダケの家宝ヂャ!!

ありがたくて毎日拝んじゃうよ。

「はぁ!蘭子さま~!!」

「蘭子は仏像じゃありません」

「眩さは一緒ヂャ。光明がありがたい」

「眩しいのはリョウセイさんの方です。その光りで蘭子の道を照らして」

 

 

オンナノコ座りをする鹿島風蘭子。

可愛いですね。

でもこれすると膝関節に負担が掛かるよ。

「蘭子に負担を掛けさせたくない。蘭子は余が護る!!」

「ありがとうございますリョウセイさん。蘭子の事を気遣ってくれて」

「蘭子と余は比翼の鳥、連理の枝だからね」

「リョウセイさんとは以心伝心です」

 

 

垣間見るZ旗ぱんつ。

蘭子は黒属性ヂャ。

蘭子がこんな無防備な姿を曝すのは余にだけヂャ。

「蘭子・・・見えてるよ」

「くすくす、これは見えているじゃなくて見せているんですよ」

「蘭子!イイ子に育った!!」

「別にリョウセイさんに育ててもらった訳じゃありません」

「これからは余の好みのオンナに育成してあげよう」

 

 

何度も言いますがミニスカにして良かった。

やっぱり島風のスカートはこれぐらい短い方がイイですよね。

これでイメージ通りの島風になりましたよ。

「リョウセイさんのイメージ通りの鹿島風になっちゃいました」

「ミニスカはイイ。ココロが洗われる」

「よっぽど汚れていたんですね」

「漂白されて真っ白になったよ」

 

 

これにて鹿島風終了です。

今度はいつ撮影しようかな?

野外で撮るのもイイよね。

「くすくす、また着てあげますよ」

「もう島風衣装は蘭子専用ヂャ!!」

「とか言って他の子にも着せるつもりですよね?」

島風は茗子さんにも似合うんだよな」

 

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!