にタマ姉甲斐の国へ02

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

すっかり忘れていましたが今日でムラサキタマネをお迎えして2年が起ちましたよっ!

でも今回は出番がナイけどね~ 

 

f:id:ryouse1366:20201123135149j:plain

 

ほうとうを喰った後は昇仙峡を散策しました~

実はだいこくやさんの先にある急な階段を降りた事がなかった!!

でも他の方々が行くというので金魚のフンになりましたよ~

「見て父上タマ、虹が見えるわ」

「大丈夫だヘキタマネ。藻前は三次元ヂャ!!」

「でも父上タマが好きなのは二次元だよね」

「貧乳は二次元だからね」

 

f:id:ryouse1366:20201123135554j:plain

 

「にタマ姉の滝」

「ウフフ、そんなに見たいの?」

「まさかココでっ?!」

「流石にここでは無理よ」

「だよね、この人だかりヂャね~」

 

f:id:ryouse1366:20201123135710j:plain

 

小さい子に大きい子が乱乳(笑

「ナゼか目を合わせない二人であった・・・・・・」

「ねえリョウセイ。この子って新しい恋人なの?」

「もしかしてにタマ姉ってばジェラシィ?」

「こんな小さい子にまで手を出すなんて」

「ナニも出すけど?」

「やっぱり許せないわよ」

 

f:id:ryouse1366:20201123140053j:plain

 

「心配しなくて兵器だよ。ネムにゃんはYさんの恋人だから」

「本当ね?」

「余の恋人はにタマ姉だよ。二人でこの川の様に流れて逝こう」

「この急流みたいに激情的な人生を歩んでいくのね」

「ホントは悠久の大河みたいに穏やかに過ごしたいんですが~」

 

f:id:ryouse1366:20201123140327j:plain

 

後ろの岩は門みたいになっているヤツ~

もう観光してるのかドール撮影してるのかナンだかワカラナイ(笑

しかしいつの間にかにタマ姉とヘキタマネで記念撮影してたんだな~

「ウフフ、見られているわよ」

「注目されてるよ」

「やがて見られる事に快感を得る様になるんだよ~」

「父上タマ逝ってよし」

「一人で逝きなさい」

 

f:id:ryouse1366:20201123140619j:plain

 

「シロぢゃないけどローアングルで攻める!!」

「馬鹿ね、これは城攻め出来ないわよ」

「思わずローアングルから攻めたくなる巨乳ヂャ!!」

「あのね、これは巨乳ではなくて巨岩よ」

「でもシロいヂャな烏賊。だからシロ攻めヂャ!!」

 

f:id:ryouse1366:20201123140823j:plain

 

今回の愛宕ですがデフォはタイツだけど敢えてガーターソックスで攻めた!

だから絶対領域が眩しいぜっ!!

「誰に説明してるのよ?」

「勿論提督起ちに」

「夜の戦い。私、得意なの♪」

 

f:id:ryouse1366:20201123141220j:plain

 

だいこくやさんに戻ったら、なっちゃんと梅音ちゃんがお仕事に戻っていた~

「休憩は終わったのでございます」

「これバイオレットエバタマネよ、仕事の邪魔をしちゃ駄目だよ~」

「邪魔者は去りますわ」

 

 

こうして15時前にだいこくやさんを去りました。

同志達とは昇仙峡で解れて余は次の目的地へ向かったのであった。
小桜さん満月さんだいこくやの皆さんご一緒した方々ありがとうございました。




今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!
 

 

 

 

 「にタマ姉はこの石の門みたいに硬い」「嘘言わないでよ」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

にタマ甲斐の国へ01

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 ああ年末調整書かなきゃ~

 

f:id:ryouse1366:20201123132545j:plain

 

三連キュウ初日は4時に家を出ました。

おかげで渋滞もなく東京を脱出出来ました。

甲府に着いた時には富士山が見えましたよ~

 

昇仙峡に到着したのは7時過ぎ。

なので駐車場も余裕で停められました。

同志が来るまで爆睡(笑

 

f:id:ryouse1366:20201123132722j:plain

 

9時過ぎにタマ姉さんM.さんゆうさんと合流しました~

目的地に直行せずにワイン王国だかに寄り道しましたよ。

でもゆうさん目的の品は見つからず。

ナンか撮影スペース(実物大用)があったのでプチ撮影会?

「大きいけど小さいお姉さんがいるよ」

「小さいは余計だよ」

 

ところであまむすって見分けが付かないよ~

 

f:id:ryouse1366:20201123133202j:plain

 

さて、この日の主目的はだいこくやさんに行く事でした。

なのでチョコレートウィッチブレイドマジカルタマネズセブン全員で押しかけましたぁ!!

「関西ではアイスコーヒーの事は冷コーって言うんやで」

「ナンでバット持って怖い顔して言うんだ?!」

「ウチにバット持たすんはとーちゃんやで!!」

 

f:id:ryouse1366:20201123133556j:plain

 

だいこくやさんではこれだけのお嬢様方達が集まりましたよ~

ナカナカ壮観な眺めとなりましたね~

ブログは知ってたけど本人に会うのは初めての方もいまして久ぶりに集合したなぁ~って気分になりました~

 

f:id:ryouse1366:20201123133903j:plain

 

ウチから参戦したのはにタマ姉ですが艦これ愛宕衣装で大丈夫かと思っていたのですが、場違いヂャない様でヨカッタです~

てか艦これ愛宕はパッと見てウェイトレスにも見えそうでこれはこれでオッケーって感じかな?

 

f:id:ryouse1366:20201123134118j:plain

 

チョコレートウィッチブレイドマジカルタマネズセブンは赤い集団(笑

数えてみると大きい子14人であまむすが10人ですね~
その中で余が8人締めていた(笑

 

ナニは兎も角、久しぶりの集合はとても良かったです~

 

f:id:ryouse1366:20201123134430j:plain

 

どうやら梅音ちゃんは赤い軍団が気になるご様子~

「どうしてバット・・・・?」

「気になるのはソコかよっ?!」

 

f:id:ryouse1366:20201123134547j:plain

 

だいこくやさんにイッタので、ほうとうを食べました!!

寒くなってから食べるほうとうは格別ですよ~

今回はJTさんに負けない様に大盛にチャレン自慰!!

「見いやとーちゃん!カボチャがたっぷりやで!!」

「もうハロウィンは終わったんだよ」

「お涼さんの出番やな」

「今度来る時はしっくすちゃんにお涼さんになってもらおう」

 


今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!



 

 

 「うひゃひゃ、カワ(・∀・)イイ子ちゃんがオッパイ!!」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

紅葉するぱんつ

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 ああ三連キュウが終わる~

旅行の疲れがあったのか、起きたら10時だった(笑

なので今日は出掛けずに家でまったり過ごして終わりましたよ。

 

f:id:ryouse1366:20201117151418j:plain

 

地元紅葉探し続き。 

いつもの場所に来たら紅葉してた~

これで気分は盛り上がりましたよ!!

「良かったわね。このにタマお姉ちゃんと紅葉を見る事が出来て」

「ヨシ!今日はローアングルで頑張っちゃうよぉ!!」

「馬鹿ね、いつもの事でしょ?」

 

f:id:ryouse1366:20201117152058j:plain

 

「もう・・・リョウセイが見たいのが紅葉なのか私の下着なのか解らなくなっちゃったわ」

「余は欲張りヂャ!だから両方ともローアングルで攻めるぜっ!!」

「あん、私もローアングルから攻められて紅葉しちゃうわよ」

「ムホッ!上気したにタマ姉が色っポイポイ!!」

「こんな姿リョウセイにしか見せてあげないんだから」

 

f:id:ryouse1366:20201117152351j:plain

 

しかしまあナンですね~

散々あちこち出掛けたってのに、一番紅葉してたのは良く使う一番近い場所だったナンて~

「あら、私とのドライブは楽しくなかったの?」

タマ姉タマンネー号のドライブも楽しいけど、にタマ姉に乗ってドライブするのが一番楽しいよっ!!」

「馬鹿ね、リョウセイをドライブするのは私の方よ

 

f:id:ryouse1366:20201117152653j:plain

 

反対側はまだ紅葉してない感じ~

緑が濃いですね~

「ウフフ、リョウセイも濃いわよ」

「これは故意ダヨ!!」

「あら、乞いではないのね」

「それも鯉」

「請いていいわよ」

「やっぱり恋かな?」

「流石にネタ切れよ」

 

f:id:ryouse1366:20201117152952j:plain

 

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

「柿食えば鐘が鳴るなり七尾奈留!!」

「それは曲芸商法よ」

「でもジャケ買いして最初に攻略したのは萌さんだった!!」

「ふ~ん、昔から年上キャラに弱かったのね」

「でも萌さん以外全員厨房だと知ってショックだった!!」

「つまりJK以外で致してたって事よね?」

「それを言わないでっ!!」

 

f:id:ryouse1366:20201117153609j:plain

 

「あん、届かないわ」

「夢は手が届くと泡になって消えちゃうんだよ」

「なにそれ?」

「ちょっとポエマーっぽく」

「私の夢は泡になって消えたりしないわよ」

「にタマ姉の夢ってなに?」

「私の目の前にあるわ」

 

f:id:ryouse1366:20201117153802j:plain

 

「光になれ!!」

「世界の全てがこの光明の中に消えていくわ」

「例え全てが消えようとも、にタマ姉の前にいる余は消えたりしないよ」

「離れないでリョウセイ。消えない様に」

「大丈夫だよ。死が二人を別つ日まで」

 

f:id:ryouse1366:20201117154054j:plain

 

意味不明で申し訳ない~

これ書いてる時は素面なんですが~

「ヂャ、いつものノリで逝こう!!」

「無理は身体に良くないわ」

「イエフィー!にタマ姉のぱんつはブラック企業!!」

「してその心は?」

「酷使されるダケ!!」

「夜になったら覚えていなさい」

「布団のナカでサービス残業ヂャ!!」(笑

 

f:id:ryouse1366:20201117154334j:plain

 

「そうよ、リョウセイは自然のままでいいわ」

「ヂャ、服を脱ごうか?」

「別に大自然に帰れって言ってる訳じゃないわよ」

「こんなトコロで全裸になったら通報されちゃうよね~」

「当たり前でしょ」

 

f:id:ryouse1366:20201117153546j:plain

 

「あ~ん、手が届かないわ」

「ナニ?欲しいの?」

「触りたいだけよ」

「触りたいんだったら、ホラ」

「きゃっ・・・・・凄く硬い」

「にタマ姉を見てたらこうナッチャったんだよ~」

「凄い・・・・爆発しそう」

「だからさ、今夜はサービス残業させて、ね?」

「ウフフ、朝まで残業ね

 

f:id:ryouse1366:20201117154810j:plain

 

「リョウセイったらノリノリよ」

「ぐっふふ、にタマ姉だって~」

「この後は夜のお楽しみね」

「期待してるよ~」

「あら、期待してるのは私の方よ」

「ニンニク食べて頑張らせて頂きます!!」

「する前に歯を磨いてね



今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!
 

 

 

 

 

 

 

 「幸せの青い鳥はすぐ近くにいたのね」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

にタマ姉ご開門

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

 

 ああ三連休ナカ日~

この土日でちと旅行してキマしたよ。

ドールの人達に会えてとっても楽しかったです。

詳細は後日に。

 

f:id:ryouse1366:20201117145825j:plain

 

地元で紅葉を探そうの続き~

ととと利根姉さんを渡って地元県に戻ってキタ~

後ろに見える水門の向こう側が利根リバーです~

「あれが水門だね」

「そうね、それがどうかしたの?」

「水門ってがばーって開いたり閉じたりするんだよね~」

「そうよ、だからなに?」

「今夜はにタマ姉の水門を開いたり閉じたりくぱぁ~したいなぁ~って」

「馬鹿ね、他の環を押し入れに仕舞ってくれたら毎晩開いたり閉じたりしてあげるわよ」

「鬼や!にタマ姉は欲張りな鬼や!!」

「強欲なリョウセイに言われたくないわよ」

 

f:id:ryouse1366:20201117150222j:plain

 

ナニか建築物と撮りたかったんですが、水門の近くには釣り人がいるのでこれ以上は近づけなかった~

「なので皮とにタマ姉

「本当にリョウセイは皮が好きなのね」

「あくまでも余がスキなのは鳥皮だからね」

「ウフフ、私は好きよ。リョウセイのかw」

「ちょっと待ったぁぁぁ!!余はもう大人だから!!」

「あら、そうだったわね」

 

f:id:ryouse1366:20201117150544j:plain

 

けいおん部のスカートをdy下半身に穿かせると超ミニスカ(笑

「ワカメ好き好きワカメちゃん!!」

「緑のワカメは健康にいいのよ」

「頭髪に良さそう~」

「毎日食べてるんでしょ?」

「余は・・・余はァァァァァァァァァァァァァァァ!!」

「馬鹿ね、なにも泣く事ないわよ」

 

f:id:ryouse1366:20201117150803j:plain

 

「後ろから見るとやっぱりワカメちゃん」(笑

「もう・・・少し屈むと見えてしまうわ」

「白いFTMMが強調されてDELUXEでっす!!」

「あら、京都に行った時DELUXE東寺なんかに寄ってないわよ?」

「余もイッタ事ないよっ!!」

 

f:id:ryouse1366:20201117151445j:plain

 

家に帰る途中、いつもの場所に逝ったら紅葉が見られた!?

「キレイな赤よ」

「イイ感じに赤くなってるな~」

「まるで征西府の財政みたいに?」

「今月は病院が重ならなければ黒字だったのに~」

「通販も我慢したのにね」

「でもまあイイや。やっぱ人生は楽しまなくっちゃ損だよね~」






 今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

 

 

 「私の水門を開く事が出来るのはリョウセイだけよ」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

騙されるにタマ姉

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

今日は今度のドルショの申請書を郵便ポストにぶち込んでキマしたよ~

書類に不備がなければドルショ参加は確実ですね~

そう考えると今度のドルショまで二か月ぐらいしかナイんですよね。

ナニか新しい物も考えたいんですけど~ 

 

f:id:ryouse1366:20201117173756j:plain

 

騙されるAVパッケージ(笑

「ごめんなさい。ブレザー脱いじゃったわ」

「ナンてけしからん豊満な身体っ!!」

「ウフフ、好きに使っていいのよ」

「携帯ヂャないけど使いたい放題かっ?!」

「あら、携帯してくれてもいいのよ

 

f:id:ryouse1366:20201117174244j:plain


「改めて説明しますがコレはチョコメロさんの透けるチュールレース下着セット 黒ですよ~ん」

「フロントホックなのよね」

「その魅力は後でタップリと~」

「またティッシュが減っちゃうわね」

 

f:id:ryouse1366:20201117174518j:plain

 

「塗っててよかったB地区」(笑

「もう・・・こんなに透けるなんて思わなかったわ」

「でもそれがイイんだよね~」

「リョウセイが好きなものは私も好きよ」

「ヂャ、にタマ姉もJKが好きナンだね?」

「そういう意味じゃないわよ」

 

f:id:ryouse1366:20201117174806j:plain

 

「ねえリョウセイ・・・・この下着似合ってるかしら?」

「モチのロンヤス!絶望的に似合ってるよぉ!!」

「その言い方ってちょっと不安よ」

「やっぱ黒はにタマ姉の為にあるって感じです!!」

「確かゴタマにも同じ下着をプレゼントしてたわよね?」

「うっ・・・」

「ゴタマと私、どっちが黒が似合うと思ってるのよ?」

 

f:id:ryouse1366:20201117175153j:plain

 

「例えば蕎麦とうどんは甲乙つけがたし!!」

「それなら私が蕎麦なの?それともうどんなのかしら?」

「同じ麺でもそれぞれの美味さがあるヂャな烏賊!!」

「それなら環は何なのよ?」

タマ姉喜多方ラーメンかな~」

「環3は?」

きしめん

「何となく解るわ。だったらななは?」

「スパゲッティ」

「どうしてよ?」

「ツルツルだから」

 

f:id:ryouse1366:20201117175750j:plain

 

「にタマ姉の背中って見とれちゃうよね~」

「もう・・・同じ言葉、他の環にも言ってるクセに」

「にタマ姉にしかない美しさもあるんだよ」

「例えば?」

「れろんれろんして舐めたい背中」

「それじゃ意味不明よ」

 

f:id:ryouse1366:20201117191547j:plain

 

「ああにタマ姉ってばB地区見えてるよっ!!」

「あら、はしたない事」

「もしかして見せつけてる?」

「ご想像にお任せするわ」

「想像ヂャなくて妄想シチャウ!!」

「まさに煩悩ね」

 

f:id:ryouse1366:20201117191750j:plain

 

「ダブルB地区ヂャ!!」

「このバストを私がお披露目する事になるなんて思わなかったわよ」

「流石に乾燥して来たので塗装が乾いて早漏

「まさにリョウセイらしいわね」

「ナニがさぁ?!」

 

f:id:ryouse1366:20201117192007j:plain

 

「ねえリョウセイ・・・・・私もう」

「解ってるって。余だって一秒でもハヤクにタマ姉と・・・・」

「でもここでは嫌よ。確かな思い出が欲しいわ」

「ウへへ、それも解ってるって。ナニもなければ今度の連休で思い出を作れるハズだよ」

「あん、それは楽しみね」

「一緒に思い出も作ろう!!」

「あら、思い出の他に何を作るつもりなのかしら?」

「そりゃ若い男女が一つ屋根のシタで作る事ってイッたら・・・・・・むほっ!!」

もっとにタマ姉と思い出を作らねば!!

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!



 

 

「今度のあまむすちゃんは私が産むわ」「流石に8人目はちょっと・・・・」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村