タマふぉうチアコス

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

ヨン連キュウキュウ2日目!!

今日はちょっとだけ野外プレイして来たよ~

でも暑いので30分で終了(笑

と言うか暑過ぎて30分以上は耐えられないよ。

 

今夜は肉野菜炒めで呑むよ。

その後は大富豪同心2の最終回を見て過ごす~ 

 

f:id:ryouse1366:20210720160903j:plain

 

いきなりですが、タマ姉ふぉうにチアガールになってもらいましたよ。

この衣装も初お披露目はつるぺた茗子さんでした。

今思えば茗子さんにナンて残酷な事をしたのだろうと(笑

「ん~、それで~なにを応援すればいいのかしら~?」

「取り合えず、やさぐれた余を応援してください」

「ん~、どうしてやさぐれてるの~?」

「ここトコロいろいろあったんです・・・・・」

「ん~、人生いろいろよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210720161200j:plain

 

「ん~、ふれ~、ふれ~、リョウセイちゃ~ん」

チラ、チラッ

「オラァなんだか元気が出て来たぞっ!!」

「ん~、がんばれ~、がんばれ~、リョウセイちゃ~ん」

チラ、チラッ

「この調子で夜もがんばるべぇ!!」

「ん~、ファイト~、いっぱつ~」

「今夜はタマ姉ふぉうでファイト一発ヂャ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210720161458j:plain

 

思いっきりチアガールを盗撮ヂャ!

オネガイですから通報しないでくだちい!!

「赤いコスに赤いボンボン!そして極めつけの赤縞々ソックス!!」

「ん~、通常の三倍速くないわよ~」

「余の右手は通常の3オク倍ハヤイぜっ!!」

「え~、早過ぎて見えないわよ~」

「光速を超えてワープしちゃうよっ!!」

「あ~、リョウセイちゃんがどこか遠くにイッちゃうわ~」

 

f:id:ryouse1366:20210720161834j:plain

 

「危ない危ない・・・あやうくイスカンダルにイッちゃうトコロだったよ」

「ん~、今はもう99さんはいないわよ~」

「逝っても意味はないな」

「ん~、私は行った事ないけど~」

「ええっ、そうなの?!タマ姉ふぉうはイッタ事ないんだぁ!!」

「ん~、今度リョウセイちゃんと行きたいわね~」

「おッシャー!任せて!!一緒に逝こう!!」

「ん~、楽しみにしてるわね~」

 

f:id:ryouse1366:20210720162134j:plain

 

この日は晴れていましたがちょっと雲が多かったですね。

思っていた様な青空で撮れませんでしたよ。

「え~、でも思っていたローアングルローポジションで撮れたのよね~?」

「それは勿論うひゃひゃ」

「も~、笑い方がHENTAIさんよ~」

「だってタマ姉ふぉうのぱんつを思い出したら涎が・・・・・ぐっふふ」

「ん~、思い出し笑いなんてえっちよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210720162433j:plain

 

「ねえタマ姉ふぉう。もっと応援してみせてよ?」

「ん~、それじゃ応援するわね~」

「頼むよ」

「ん~、がんばれ~、がんばれ~、HENTAIちゃ~ん」

「ナンでHENTAIナンなのさ?」
「んん~、やっちゃえ~、やっちゃえ~、HENTAIちゃ~ん」

「ヤラないか?」

「ん~、飛んでけ~、飛んでけ~、HENTAIちゃ~ん」

「飛びます!飛びます!!」

 

f:id:ryouse1366:20210720162737j:plain

 

「ん~、せ~ら~む~ん、今よ~」

「ナンのこっちゃ?!」

「ん~、命よ~」

「思いっきり字が違うよぉ!!」

「え~、ここから先は一人では行かせないわ~」

「一緒にイってくれるのかぁ?!」

 

f:id:ryouse1366:20210720163010j:plain

 

きっと余は野球とかサッカーを見に行ってもグランドを見ずに客席ばかり見ていると思う。

「ん~、ジュリアナと~きょ~よ~」

「何年前にお話しヂャ?!」

「ん~、リョウセイちゃんもお勃起台ね~」

「字が違うでしょ!!」
「ん~、リョウセイちゃんが踊る曲はディスコ月の法善寺横丁よね~」

タマ姉ふぉうは知ってるのかよっ?!」

「え~、知らないわよ~」

「寧ろ知ってる方が怖い」

 

f:id:ryouse1366:20210720163345j:plain

 

「ん~、しょ~りゅ~け~ん」

「やると思ったよ」

「ん~、お星さまになっちゃえ~」

「余がいつ吉良ヤマトにぃ?!」

「あ~、でも全然似てないわね~」

「だったら言うなぁ!!」




今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!
 

 

 

 「チアガールの腋の下もイイ」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

芸術タマふぉう

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

待望のヨン連休初日終了~

今日は出掛けないで終わりました。

まあ出掛けなければお金は消費しないで済みますからね。

この連休は質素倹約で済まそう。

 

今夜は焼肉で呑むよ。

家呑みだから懐にも優しい。

 

f:id:ryouse1366:20210718161121j:plain

 

タマ姉ふぉうの誕生日に下着をプレゼントしたら、見せてくれる事になった?!

「た、た、タマ姉ふぉうってば、ホントにブラも見せてくれるの?」

「ん~、新しい下着を付けているところを見て欲しいから~」

「嬉しいよタマ姉ふぉう」

「ん~、でもほんとは凄く恥ずかしいのよ~」

「大丈夫!余も一緒に脱ぐよ!!」

「え~、それは見たくないわ~」

「ナンでぇ?!」

 

f:id:ryouse1366:20210718161410j:plain

 

ドキドキッ

「ん~、ちょっとだけよ~」

「もしかしてタマ姉ふぉうはドリフのファンだったの?」

「え~、知らないわよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210718161535j:plain

 

次の瞬間リョウセイの両目に飛び込んで来たのは薄いグリーンの下着だった。

「ああ、タマ姉ふぉう!!」

「ん~、全部見せちゃったわね~」

「凄いよ、ウエもシタも透け透けヂャん!!」

「ん~、見え過ぎちゃって困るわよ~」

「見え過ぎちゃうのはマ〇〇ロアンテナぢゃ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210718161823j:plain

 

てな訳で購入一年後にお披露目となったチョコメロさんの下着です。

ブラもぱんつも透け透けでえろい。

これを塗装したボディで見せたかったですねぇ。

「だがタマ姉ふぉうを汚す訳にはイカないっ!!」

「ん~、私はいいのよ~」

「そんなっ?!タマ姉ふぉうは汚れてイイって言うのかっ!!」

「ん~、リョウセイちゃんにだったら汚されても構わないわよ~」

タマ姉ふぉォォォォォォォ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210718162146j:plain

 

脱ぎかけがイヤらしくて好きだなぁ。

こんな事ばかりしてるからアメで削除されちゃうんですよねぇ(笑

「ん~、リョウセイちゃんの存在自体が削除対象なのよ~」

「酷いヂャないか、タマ姉ふぉうは!!」

「え~、だってこれもこのままだと削除されちゃうわよ~」

「そ、そうだな・・・・・・修正挿入るしかなイカぁ」

「ん~、リョウセイちゃんは挿入るのが好きよね~」

「そんな事言ってタマ姉ふぉうにはまだ挿入た事ないヂャん!!」

「え~、そうだったかしら~?」

 

f:id:ryouse1366:20210718162458j:plain

 

因みにブラはdyよせ胸のフロントホックで作ってもらいました。

「フロントホックってえろい事イロイロ出来てイイよねぇ」

「も~、その為のフロントホックなのかしら~?」

「後で試してみよう」

「ん~、外してもらうのは好きよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210718162709j:plain

 

「そろそろクッションプレイに移行しますよ」

「え~、クッションプレイってなぁ~に~?」

「取り合えずクッションの上に膝立ちになってよ」

「ん~、これでいいの~?」

「イイね~、ヂツにイイよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210718162852j:plain

 

ドンッ!!

「きゃっ!も~、なにするのよ~?」

「取り合えず押し倒してみましたぁ!可愛いぱんつが良く見えてマス!!」

「ん~、リョウセイちゃん酷いわ~」

タマ姉ふぉうのあんよスラリと伸びてキレイだなぁ」

「も~、足なんか見てる~」

「脚線美!!」

 

f:id:ryouse1366:20210718163158j:plain

 

「ちょぉぉぉぉぉっとだけ左足を持ち上げてみてよ?」

「え~、見えちゃうわよ~」

「イイからヤッてよ」

「ん~、これでいいの~?」

「ヨシッ!タマ姉ふぉうの大事な部分も丸見え特捜部ヂャ!!」

「え~、私は世界ふしぎ発見じゃないわよ~」

「誰もそんな事言ってないから・・・・」

 

f:id:ryouse1366:20210718163442j:plain

 

「次は大空堀を攻めちゃうぞ~」

「も~、リョウセイちゃんのおっぱい星人め~」

「スーパーホルスタインが大好きヂャ!!この前の焼肉は美味かったぜ!!」

「え~、それじゃ私が好きなのはアイスキャンディーよ~」

「もしかしてprprするのが大好きなの?」

「ん~、大好きよ~」

「ヂャ、余も今度シテもらうから」

「え~、リョウセイちゃんってアイスキャンディーだったの~?」

「そうだよ、とっても甘くて美味しいよっ!!」

「ん~、なにかウソっぽい~」

 

f:id:ryouse1366:20210718163837j:plain

 

定番の片膝立て座りです。

足のスキマからちょこっとだけデルタゾーンが見えるのが可愛くて好きですね。

下着の色の所為かエロっていうよりもアートに見える(笑

タマ姉ふぉうの身体は芸術ヂャ!!」

「ん~、それじゃリョウセイちゃんはアーティストだったのね~」

「いんや、余はああ手で逝くストです」

「え~、最後のストってなぁに~?」

「そこは追求しないでくだちい・・・・・」

 

f:id:ryouse1366:20210718164201j:plain

 

あんよが長くてモデルさんみたいにキレイなタマ姉ふぉう。

ああ、あの間に挟まれたいっ!!

「さあタマ姉ふぉう!次は全部脱いでみようかぁ!!」

「え~、もう脱ぐの終わりよ~」

「ナンでぇ!!お楽しみはコレからヂャん?!」

「え~、どうしようかしら~?」

「折角タマ姉ふぉうで盛り上がってるのに、今ヤラなかったら次はいつになるか解らないよっ!!」

「ん~、でもこの下着気に入ったから脱ぎたくないわ~」

「しまった、そう来たかぁ!!」

 

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!




「ん~、今年もリョウセイちゃんはお預けね~」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

0721の日

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

いよいよ明日からは四連キュウキュウ~

出掛ける予定はナイけどいろいろ用事はあるよ~

吞ん便だらりの日々が始まる(笑

 

今夜はウナギで呑んだ。

あるいは呑む筈(笑

ホントはお酒控えなきゃイケないのに~

 

f:id:ryouse1366:20210718153312j:plain

 

さて皆さん今日は0721の日ですね。

って言ってもナニする日ヂャなくて7月21日はタマ姉ふぉうの誕生日ナンですよ。

今をサル事2017年にお迎えしたタマ姉ふぉうですが、

本来だったらタマネふぉうが真のタマ姉になっていた可能性もあったんですよね。
 「ん~、リョウセイちゃんがもう二週間早くお迎えしてくれたら~」

「真のタマ姉になってたらのんびり天然系お姉ちゃんにならないヂャなイカ

「ん~、それもそうよね~」

 

f:id:ryouse1366:20210718153745j:plain

 

そんな訳でお迎え記念日なのでタマ姉ふぉうに下着をぷ、ぷ、ぷれぜんとシマした!

「ん~、新しいのは久しぶりね~」

「って事はいつも同じぱんつを穿き続けていると?!」

「え~、ちゃんと取り替えてるわよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210718153937j:plain

 

どうやらタマ姉ふぉうは新しい下着が気になるご様子です。

「ん~、とっても穿き心地いいわよ~」

「そんな事言われても服着てたら解らないよ」

「え~、リョウセイちゃんってば見たいんだ~?」

「見たいに決まってるだろ!だってタマ姉ふぉうなんだから!!」
「え~、どうしようかなぁ~?」

 

f:id:ryouse1366:20210718154230j:plain

 

するとタマ姉ふぉうがスカートのファスナーに手を掛けた。

「ん~、プレゼントしてくれたリョウセイちゃんにだけよ~」

「それってもしかしてぇ?!」

「も~、ちょっとだけよ~」

「思わずD・V・Dって叫んじゃうよっ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210718154433j:plain

 

ジジジジ~

「良かった。ちゃんと穿いてくれたんだね」

「え~、だってリョウセイちゃんがプレゼントしてくれた下着ですもの~」

「いや、まだそれぐらいヂャ解らん。スカート脱がないと駄目だな」

「も~、脱げばいいのよね~」

「ナンて潔い脱ぎっぷりヂャ」

 

f:id:ryouse1366:20210718154700j:plain

 

スルっ

「ふぉうっ!透けてるヂャん!!」

「ん~、言わなくていいから~」

「今日もお手入れバッチリだね」

「も~、そんなとこばかり見てるんだから~」

タマ姉ふぉうのだからバッチリ見させてもらうよ」

 

f:id:ryouse1366:20210718154910j:plain

 

すとんっ(笑

乾いた音を残してスカートが床に落ちる。

リョウセイの視線はタマ姉ふぉうの腰を覆う下着に釘付けだ。

「これがタマ姉ふぉうのぱんつ・・・・・可愛い」

「ん~、リョウセイちゃんに見られちゃったわね~」

「穿てくれてありがとう」

「ん~、可愛い下着をありがとうね~」

 

f:id:ryouse1366:20210718155136j:plain

 

ホントはモジャモジャ下半身を使いたいんですが暑さで塗装が下着に移っちゃうので使えないんですよ。

なので今日のタマ姉ふぉうはツルツルです(笑

「ん~、誰に説明してるのよ~?」

「未来の自分にかな?」

「え~、どうして~?」

「もうぱんつに色移りさせる訳にはイカないからね」

 

f:id:ryouse1366:20210718155434j:plain

 

因みにこの下着はチョコメロさんのです。

去年買っていたのですがタマ姉ふぉうの誕生日に着せたかったので今頃のお披露目ですよ。

やっぱりタマ姉ふぉうにはグリーン系が似合いますね。

「似合うよ、透け透けグリーン」

「も~、透け透け好きだなんてリョウセイちゃんのえっちっち」

「いかにも、余はえっちが好きヂャ!!」

「え~、自慢する事じゃないわよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210718155728j:plain

 

「も~、恥ずかしくなったから隠しちゃうわ~」

「あっ、こら、今が井伊トコロなのにぃ」

「え~、だってリョウセイちゃんの目がイヤらしいからよ~」

「だからタマ姉ふぉうのぱんつが可愛いからイヤらしい目になるんだよ」

「え~、それじゃ下着売り場でもイヤらしい目をしてこれを探したのね~」

「もう今更漢たっぷりでした」

「ん~、そんな恥ずかしい思いをしてこれを選んでくれたのね~」

「ああ、タマ姉ふぉうに似合うかと思って」

「ん~、ありがとリョウセイちゃん。お礼に上も見せてあげるわね~」

「はいっ?今ナンて言ったの?!」

「ん~、上も見せてあげるって~」

「今日はタマ姉ふぉうで0721の日ヂャ!!」

 

 

今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!


 

 「0721全開ヂャ!!」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

タマふぉうの尻

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

今日はちょっとショックな事がありましたよ。

医者に逝ったら糖尿病と言われて締まった。

まあ自業自得ですよね。

これからはより一層禁酒するしかない。

因みにこれ酒呑みながら書いてます。

 

f:id:ryouse1366:20210717170338j:plain

 

久しぶりにいつもの場所に逝きました。

流石に暑過ぎて人も来なくなった様だ。

「久しぶりの東屋だよ。ここで雨に降られたら雨宿りした男女は親密な仲になっちゃうんだよね」

「ん~、このお天気だと雨は降らないわよ~」

「雨は降らないけど腰は振っちゃう余であった」

「ん~、暑いのにご苦労さまね~」

タマ姉ふぉうが振らせるんだよっ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210717170632j:plain

 

これだけ日差しが強いと日陰にいるだけでかなり楽ですね。

でも風がなかったら早々に撤退したと思う。

ああ、夏だなぁ(笑

「大変だタマ姉ふぉう!暗くて見えないYO!!」

「え~、何が見えないのよ~?」

「ココロに残る美しい光景が見えないよぉ!!」

「も~、またえっちな事なのね~」

「気になるおにゃのこが正面に座ってたらツイツイ見チャウよ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210717171021j:plain

 

「ん~、だったらこんなのどうかしら~?」

「た、タマ姉ふぉう?!」

「ん~、だいわみなくるちぇ~んよ~」

「一年漢ワックスふよよ~」

「え~、リョウセイちゃんがコーティングされちゃう~」

「そ、それはどうかと・・・・・」

 

f:id:ryouse1366:20210717171218j:plain

 

気になるおにゃのこの真正面にキタッ!!

この圧倒的なこんもりはナンなんダッ?!

ががーりん曰く「恥丘は青かった」

「ん~、リョウセイちゃんにだけ見せてあげるわ~」

「ありがとうタマ姉ふぉう!家宝にするよ!!」

「え~、見せるだけであげないわよ~」

「DVDRAMレコーダーで保存します!!」

「え~、今時RAMなの~?」

「BLもありますが?」

「ん~、乙女ロードは新宿よね~」

 

f:id:ryouse1366:20210717171707j:plain

 

「オネガイだ、今度は右膝を持ち上げてよっ!!」

「え~、これでいいの~?」

「おおっ!今度はデルタ痴態が良く見えるよっ!!」

「ん~、ここはベトナムじゃないわよ~」

「可愛いお腹をべろべろ舐める?!」

「や~、くすぐったい~」

「いや、まだ舐めてないから・・・・」

 

f:id:ryouse1366:20210717172047j:plain

 

「今度は両手を着いて這いつくばって欲しいっ!!」

「きゃっ!!」

「あーはっはっ!いいザマだぜい!!」

「ん~、リョウセイちゃん酷いわよ~」

「やっぱタマ姉ふぉうのお尻は可愛いよぉ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210717172315j:plain

 

ザ・お尻アップ!!

この下着のフィット感が素敵過ぎる。

ああ、辛抱タマらん!!

「ぷるぷる震える重厚なケツだぜ」

「や~、リョウセイちゃん怖い~」

「目の前に手を延ばせば触れられるタマ姉ふぉうのお尻があるんだな」

「ん~、こんな事しちゃダメよリョウセイちゃん・・・・」

「こんな事ってどんな事?タマ姉ふぉうの口から言って欲しいな」

 

f:id:ryouse1366:20210717172909j:plain

 

「ん~、女の子の嫌がる事をしちゃダメよ~」

「ヂャ、タマ姉ふぉうがしてよ」

「え~、どうすればいいの~?」

「先ずはスカートを捲って欲しいな」

「ん~、こ、こうかな~?」

「最初は少しづつ捲り上げるんだ。漢を焦らす様に」

「え~、こんな感じ~?」

「そう、それでイイんだ」

 

f:id:ryouse1366:20210717173144j:plain

 

「漢にとって見えそうで見えないってのが一番ココロを揺さぶられるんヂャ」

「ん~、リョウセイちゃんも焦らされると興奮しちゃうのね~?」

「そうだよタマ姉ふぉう。タマ姉ふぉうだから余計に焦らされると興奮するんだよ」

「ん~、リョウセイちゃんの視線が熱いわよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210717173346j:plain

 

「ハァハァ・・・・・」

「ん~、リョウセイちゃん苦しそう~」

「余をこの苦しみから解放して欲しい」

「え~、どうすればいいの~?」

「スカートを捲り上げるんだ」

「ん~、これでいいのね~」

「ありがとうタマ姉ふぉう。これでぐっすり眠れるよ」

「え~、どういたしまして~」

 

「って、これで終わりでホントにイイのか余?!」






今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!





「興奮し過ぎて眠れないよっ!!」 

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

タマふぉうの汗ぱん

こんばんわ、貴女のリョウセイです。

 

 

今日もヒートアイランドな坂東です~

ちょっと外でワーキングしただけで汗ダラダラ~

今年の夏も厳しい事になりそうですね。

 

今日は呑まないDAY。

晩飯はとんかつでした。

タマにはとんかつで呑みたいなぁ~

 

f:id:ryouse1366:20210717162306j:plain

 

HGプレイの後はいつものターンです。

「トラドラトラ!ワレ奇襲に性交セリ!!」
 「ん~、奇襲されちゃったの~?」

「まさか先を越されるとは思わなった是」

「え~、早いのがリョウセイちゃんの取り得だったのに~」

「ハヤイ言うなぁ~」

 

f:id:ryouse1366:20210717162537j:plain

 

見上げるとそこにはココロに残る美しい光景がありました(笑

「やっぱりタマ姉ふぉうは世界太田胃散だよ」

「え~、私ってお薬だったの~?」

「そうだよ、それも恋の薬だよ」

「ん~、胃薬じゃなかったのね~」

「解ってて言ってるんだよね?」

 

f:id:ryouse1366:20210717162727j:plain

 

そう言えば制服を着ています。

ネタが無くなった時は基本に返ってToheart 2の制服ですよ。

夏だから半袖で。

「ネタが無くなった時は基本に返ってローアングルローポジションです!!」

「え~、それが基本なの~?」

タマ姉ふぉうのもっこり恥丘を攻めるぜよ!!」

「も~、ただの困ったちゃんよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210717163059j:plain

 

「も~、えっちな事はいけないわよ~」

「いんや、えっちな事でイケるんヂャないか」

「ん~、リョウセイちゃんのえっちっち~」

タマ姉ふぉうだってえっちっちな身体してるクセに」

「も~、また私の所為にしてる~」

 

f:id:ryouse1366:20210717163303j:plain

 

この半袖はアゾンのです。

これも買っといて良かった。

おかげで夏でも制服プレイがデキチャウ(笑

でも7人分欲しかったなぁ~

「夏でもタマ姉ふぉうとデキチャウ!!」

「ん~、暑い外はイヤよ~」

「もしかしてタマ姉ふぉうはヒッキーかっ?!」

「ん~、外よりも中が好きよ~」

「ヨシ解った!今夜はナカから攻めるぜっ!!」

 

f:id:ryouse1366:20210717163604j:plain

 

暑いので兎に角グリーン攻め(笑

ひたすらレフ板の光を下半身に当ててましたよ。

「も~、またそんなところばっかり~」

「暑くて意識が朦朧として」

「ん~、それでもシャッターを切り続けるのね~」

「これはもやは運命ヂャ」

「ん~、リョウセイちゃんの運命はローアングルローポジションだったのね~」

 

f:id:ryouse1366:20210717163844j:plain

 

このぱんつはケツから見るのがえろい。

「も~、ローアングルローポジション禁止よ~」

「そんな殺生尿蛋白なっ!!」

「え~、リョウセイちゃん必死過ぎよ~」

「これも人類の叡智の為ヂャ!!」

「う~、訳解らないわよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210717164058j:plain

 

手で隠されちゃったので更にローアングルローポジションから(笑

角度が限定なのはスタンド棒が見えてしまうから。

「やっぱりタマ姉ふぉうは可愛いなぁ」

「え~、お尻を見ながら可愛いって言わないでよ~」

「だってホントの事だよ」

「も~、やっぱりリョウセイちゃんはHENTAIよ~」

 

f:id:ryouse1366:20210717164352j:plain

 

半袖制服の腋の下です。

「ハァハァ、臭い嗅がせてよぉ!!」

「え~、またなの~?」

「強烈な夏の日差しを浴びて汗ばんだ腋の下の臭いってサイコウ!!」

「も~、困ったHENTAIさんね~」

「汗ぱんナンか、もはや国宝ヂャ!!」

「え~、なに言ってるか解らないわよ~」

「汗ばんだぱんつ!略して汗ぱんだぜぃ!!」


今宵はここまでに致しとうございまする。

股ドール!!

 

 

 「今夜の酒の肴は汗ぱむヂャ」「え~、今日は呑まない日よね~」

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村