赤城のタマも今宵限りマジボケ旅行05 腐裸わ〜パーク

こんばんわ、貴女のリョウセイです。





先程花火が打ち上げられた。
今日はナニかの祭りかさん?
庭から見る晩春の花火は涼しくて快適ですね〜
因みに歯磨きしながら見物しましたw

宿の近くにはスネークランドと木枯し紋次郎テーマパークがあったらしい。
「入浴1997ですわ〜」
「それはスネーク」

朝飯はバイキングです〜
朝風呂して散歩したので結構喰えた。
「でもはいぼい〜んがないですわ〜」
「ドライバーだから朝から呑めないんです〜」
「悲しい運命ですわ〜」

一度逝ってみたかった足利フラワーパークにキタ!
そしたら空いててスムーズインサートw
「でも五分咲きですわ〜」
「だから空いてたんだ・・・・・・・」

「それに白藤ではないのね」
「余はシロ攻めがスキですが?」
「ここでシロ攻めは他の人の目があるからやめましょうね」
「余はJT山みたいに人前で体育座りは出来ないよ〜」
「うふふ、そう言う事にしておきましょうね」

後ろに見えるブリッジに藤の花がイッパイ咲いてて撮影スポットだったけど、人が途切れない。
「今何時ですわ〜」
「もしかして藤って答えればいいのかしら?」
「流石はジンタマネの姉上タマですわ〜」

「藤の花を見ると思い出すのはやっぱり藤壺の宮だよね」
「うふふ、禁断の恋よね」
「余とタマ姉も禁断の濃いだよね」
「濃いって、どこがよ?」
「夜はムチャクチャ濃いって事だよ」
「ん・・・・ばぁ〜か」


今宵はここまでに致しとう御座いまする。
股ドール!!