あ・イドルマスター50戦利品 サムライタマ姉ふぉう

こんばんわ、貴女のリョウセイです。






最近は涼しくて楽チン。
なので今日は熱い裸ーメンを喰ってキマしたよ。
いつもの焼豚でメンが見えないヤツ。
あそこは何度喰っても美味いっす。

では、あ・イドル50戦利品紹介コーナー突乳です〜
先ずはパンフ。
「これ、大きすぎるわよね」
「これは会場で広げると邪魔だったよ」

後ろに見えるのが人間用パンフのマップ。
ナカ側なので広げないと場所が確認出来ない。
「それよりも、こっちのパンフの方がいいわね」
「うむ、DDサイズのパンフを無料配布だなんて素晴らしい」
「出来ればシロタマネ用も欲しかったわね」
「ひとりどれか一枚だけだったからなぁ〜」

で、戦利品その一です。
「青いサンダルだわ」
「青いの持ってなかったので、何となく衝動買いです」
「計画性が無いのは相変わらずね」
「だからシロタマネは計算外の子です」
「うふふ、そういう事にしておきましょう」

戦利品その2と3です。
「ん〜、何か恥ずかしいわ」
「ナゼか水着で鎧の草摺(くさずり)だぜ!!」
「ん〜、これに何の意味があるの?」
タマ姉ふぉうにサムライになって欲しかったンダッ!!」

てな訳でイドルで欲しかったのはオーノーケンさんの和装帷子でした。
ワンフェスで買えなかったのでリベンヂだよ。
「も〜、水着に着ける意味が解らないわ」
「ヂャ、次は裸で!!」
「ん〜、夜になったらね〜」
「マヂっすかぁ!?」

「おっとと、その前にウシロから」
「ん〜、これでいい?」
「ソソルぜよ!!」
「も〜、私には訳が分からないわ」
「教室机に両手を着く。これが漢の浪漫ヂャ!!」
「ん〜、これがロマンなの?」
タマ姉ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

てな訳で、あ・イドル50で購乳したのはサンダルと帷子二個でした。

「リョウセイってばタマふぉうタマふぉうばっかり・・・・・折角の夢二浴衣なのに」
「ハァハァ・・・・・すまそタマ姉3」
「私がどんな気持ちでこの浴衣を着たと思ってるのかしら?」
「解りました。速攻で神社裏ですね?」
「バカね、今日は放課後の教室でいいのよ」
「ユメヂ最高!!今宵は祭ヂャ!!」


今宵はここまでに致しとう御座いまする。
股ドール!!








にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村