ヨメの桜 リョウセイ・トールド・ミー

こんばんわ、貴方のリョウセイです。



えろえろ途中ですがヨメと逝った花見レポしちゃうよ!!
だって週末には花見終わりそうだから!!

「そんな訳でここがキタの丸公園だよ」
「お兄タンとキタのマルなの〜」
「ふふ、ヨメも喜んでくれた様だね」
「でもスゴイ人がイッパイなの〜」
「今日は自虐的撮影会だからね」(笑

今回のヅラは某レディース漫画の主人公JS知世ちゃんのイメージですよ。

天気はイマイチでしたが桜はバッチリでしたよ。
惜しむべきはこの光景を青空のシタで見たかったですな。

後ろには通行人がオッパイ(笑
柵の向こうにコケたらお堀まで一直線だよ〜

もう皆さんお解りだと思いますが、こさんくの〜んと兄裸とミニ茗子さんですよ。

後方にはオッパイ人がいるぜ!!
駄菓子菓子、もう余は失うモノがないんだっ!!
この日は覚悟を決めてキタのでヨメをダス。
「ヨメ可愛いよヨメ!!」
「お兄タン。後ろに人がイッパイなの〜」
「それはカボチャだ!!」
「泣かないでお兄タン」

因みにイリヤたんの衣装は去年のGWドルパで買ったCCさくなちゃんのバトルコスチュームだよ〜

近衛師団司令部庁舎前ですよ〜
日本の一番長い日では舞台になった建物が当時のママ残っています〜
この赤レンガが雰囲気イイですよね〜
「余とヨメもイイ雰囲気だよねぇ〜」
「お兄タン・・・・杖が折れたの〜」
「ウソォ?!持ちダスのは初めて(ファンタジー)なのにぃ?!」
なので悲しいです。

いやぁ〜、ショックでしたよ〜
脆そうだとは思っていましたが、こうもあっけなく折れるとは・・・・・
「余のスティックは元気ビンビンなのに・・・・」
「お兄タンのも魔法なの〜?」
「摩擦でほぉぉぉぉぉぉ!!」
「なんか違う」

赤レンガ前でヨメとイチャイチャしたかった!!
余の我がママでご一緒して下さった方々には感謝です!
イリヤたんでデキた!!」
「お兄タンひとりじゃ出来なかったの〜」
「もしかしてヨメは複数プレイがよかったと?!」
「みんなと一緒の方が楽しいの〜」
「マジっすかぁ?!」
「お兄タンはみんなと遊ぶのがイヤなの?」
「ふふ、NTRもキライヂャないけど」

不毛な会話は止めよう。

説明は不要だよね。
「流石に体育座りは諦めました」
イリヤは恥ずかしい事したくないの〜」
「大人への階段だよ」
「それならイリヤは大人にならないの〜」
「JKまでならOKだよ〜」

基礎部分に陸軍の名残がありますよ〜
海軍が錨なので陸軍は星なんですよ。
流石にこの部分は撤去出来なかったとかで、今でも星が残ってマス。
「ふふ、お勉強になるブログだぜ!!」
「お兄タンの御勉強って夜の事だけだと思ってたの〜」
「それは布団のナカで実習だね」

「リンリンランランリュウエ〜ん!!シアワセ食べよう!!」
「バカじゃないの?」
「いきなりだね凛々ちゃん。流石はツンデレ
「誰がツンデレなのよ?」
「だって凛々ちゃんでしょ?あの血筋だよね?」

「因みに私の彼氏よ」
「彼氏だぜ」
「唐突過ぎて声が出ない!!」
「でもナニは出るとか言わないでよね」
「まだナニも逝ってないよ」

「窓辺に佇むオレサマ茫然」
「ナンでこんなに決まっているんだ・・・・・」
「それはオレサマがイケメソだからだ」
「だったら余はイカソーメソになるぜ!!」
「哀れだな」

ぴよぴよさくのん登場ヒデキ感激!!
「これなら十三羽乗せられるぜよ」
「・・・・・・・・・・」
「ゴメンナサイ。無理です」



今宵はこれまでに致しとう御座いまする。
では股ドール!!



話は替わるが再放送の大河ドラマ武田信玄を見た。
真田丸よりも面白いヂャなイカ!!
「おここ!!」