愛と情熱の名古屋グルメ制服旅行五発目 二日目の名古屋SRは戦場だった?! 

こんばんわ、貴方のリョウセイです。


早いモノで既に一週間前の出来事だったんですねぇ〜
先週の月曜日は99さんとアオトさんとで名古屋で楽しくワイワイしてたんですよぉ!!
あの時はホントに楽しかったなぁ〜
SRであんなにゆっくり遊んだのは初めて(ファンタジー)でしたよぉ!!

そんな訳であの楽しかった時間を思い出しながら、ブログ更新に邁進します。

イリヤもはるやん頭みたいに飛ぶのぉ〜!!」
「い、イリヤが飛んだっ?!ひとりで飛んだぁ!!」
「もうひとりのイリヤ凄いの〜!!」
「うほほ〜い!あんた宇宙組の素質あるねぇ〜!!」

あ〜、蘭子ちゃんにベレー帽被せたらナンかカワユス。
「お嬢さん。余と同じ赤い瞳を持つ貴方は、他人の気がシマ線。もしかして、イキ別れた妹かな?」
「そ、それだけは絶対にNOですわ」
「他人かも・・・・・つまりケコーン出来るという事でOK!!」
「どうしてそこまで話が飛躍するのですか・・・・・・」

ちと見ずらいですが、蘭子ちゃんに余の烏帽子を被せてみましたよ。
そしたらこれ股カワユスねっ!!
「蘭子ちゃんってば、まだ未成年なのに生ビールなんか呑んじゃって、マスマス他人の気がしないYO!!」
「わ、私が呑んだのではありませんが?」
「ヂャ、残りを貰っちゃうね!これで蘭子ちゃんと間接キッスだよねっ!!」
「それ・・・・・隣のテーブルで呑んでる見知らぬ中年男性のビールですけど・・・・・・」
「げっ!かーッ、ぺっぺっぺっ!!」

「はるやん頭ぁ!飛ぶって楽しいの〜!!」
「あはは〜!それが解ったとは、イリヤちゃんもヤルなぁ〜!!」
「これが人類の革新なの〜!!」
「革命はいつもインテリが起こすの〜!!」
「それはエゴなの〜!!」
「難しい話はワカンナイよぉ〜!!」(笑
「アイマイでいいの〜」
「認めたくないモノなの〜!若さゆえのアヤマチなの〜!!」
「うほほ〜い!よくわかんないけど、ナンでもいいやぁ〜!!」
(99さん。はるやんの性格を勝手に改変してごめんなさい)

「はるやん頭ぁ〜!!イリヤはもっと飛ぶの〜!!」
「ついにイリヤも地球の重力から解き放たれたかぁ〜!!サイコ〜じゃん!!」
「こうやって見ると、人類が地面に這いつくばっている姿がよく見えるの〜」
「あはは〜!こうでもしないと人類は重力に引かれたママで終わるんだよ〜!!」
「おーるどたいぷには、未来はないの〜」
「そして、やがては地球を滅ぼしちゃうんだよねぇ〜」
「加速出来ないで終わっちゃうの〜」
「はっはぁ〜!イリヤちゃんの言う通りだねぇ〜!!」
「・・・・・・・・」(二人の会話に付いていけない周りの声ですw

因みにこの時のウチのヨメはタイツしか履いてません。
重要な事なので、もう一度言いますがタイツしか履いてませんよ!!
「ナンでなの〜?」
「革新を迎えた人類とは、出合った瞬間にその人を理解出来るんだっ!!」
「それとどんな関係があるの〜?」
「大有りダヨ!!つまりぱんつを履いていると出会った人が理解出来ないヂャなイカ?!」
「・・・・・・・い、イリヤには何を理解するのか解らないの〜」
「簡単に言うと、裸のお付き合いが出来ないという事です」
「ツギ」

蘭子ちゃん、HENTAIソフトクリームを喰らうの図?
しかもソフトクリームを肴にビールを呑むツワモノだった?
「マスマス他人の気がしないねぇ〜」
「蘭子お姉ちゃんもおヨメさんになるの〜?」
「ごめんなさい、イリヤちゃん。それだけはイヤです」

一方その頃バラガは・・・・・・・
「私達、もぉ〜っと仲良しになりました」
「うふふ、仲良しです」
「って、もしかして事後なのかっ?!そうなのカッ?!」
「ツギ」

イリヤイリヤも仲良しなの〜」
「固まっても仲良しなの〜」
「あ〜、小さい子マンセー!!お持ち帰りシタイっ!!」
「でも私は99お父さん家の子だからダメなの〜」
「うう、仕方がないよねぇ〜。せめて今だけは二人一緒でカワの字に」

重力から解き放たれた宇宙組と吸血組デス。
何故か逆サマーになって紅葉の山をウォーキング中?
「目指せ山頂!トップに立つのはあたしだよぉ〜!!」
「けけけ、血ぃくれ〜」

そして、余は脇にあるゴージャスな椅子におひとりサマー(笑
「こ、ここは・・・・・寂しいトコロだ・・・・・・」
今回は女子力に圧倒されて保健室には入れず仕舞いでした。

「リョウセイも保健室に来ればいいじゃん!!」
「だって余は逆立ちなんか出来ないよ」
「あはは〜、それじゃダメダメじゃん!!」
「お兄タンはお外でお留守番なの〜」
「今日は女子会なの〜。ヤローは立ち入り禁止なの〜」
「治まるマデ入れないのか・・・・今日も無駄に元気過ぎたな・・・・・」(笑
そこはまさに戦場だった?

ぐらすガールになったはるやん頭。
実にカワユイんですよぉ〜!!
「開いたお口を吸いたいです」
「あたしのファーストキスは、リョウセイなんかにあげないよぉ〜!!」
「残念無念です」

「わ〜い、わ〜い!お兄タンってば、はるやん頭に振られてるの〜!!」
「浮気なの〜!許さないの〜!!」
「お、大人とは複雑なのです・・・・余の愛は天下万民のおにゃのこにあまねく公平に」
「大人は不潔なの〜」
「お兄タンも不潔〜」
「ケツぐらい洗ってるよぉ!!」

唐突ですが、蘭子ちゃんがねちょ攻撃?!
尊い犠牲者ははるやん頭だった?!
「や〜い、や〜い!!ねちょられてやんのぉ〜!!」
「あ、あたしの鼻がぁ〜?!リョウセイにもprprされた事ないのにぃぃぃぃぃぃぃぃ?!」
「ご、ごめんあそばせ」
「いいぞ蘭子パーティー!もっとやれ!!」

「ねえ聞いた、ナツキさん・・・・もっとヤレって・・・・・」
「戸松さんって、意外と大胆なのね・・・・・・うふ」
「ナツキさんのお尻、小さくて可愛い」
「もう・・・・戸松さんってばぁ」
「ツギぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

あ、よく見たら鼻ヂャなくてオデコだった(笑
てか眼鏡がなかったら顔面ちょ〜く撃かぁ?!
トコロでこれ、ソフトクリームにモザイク掛けたら・・・・・・・ゴフゴフ、ナンでもないです(笑

「寂しいよヨメ・・・・・おひとりサマーの余を温めてオクレ・・・・」
「お兄タンは暑苦しいの〜」
「だって某のナカは暖かいんだよ・・・・・」
「無駄なオーラが全身から滲み出てるの〜」
「それは可愛いおにゃのこがいっぱいいるからだよ」
「浮気はメッ、なの〜」
可愛いヨメですが、ナンか顔デカいですね?

「可愛いよヨメ。骨まで愛しちゃうヨッ!!」
「ああ〜ん、お兄タンがダイエットし過ぎて骨になっちゃったの〜」
「おかげで身体がライトスタッフです。カクカク」
「骨ホネになってもえっちなお兄タンなの〜」

ヨウヂョに手を出すと通報されるので、ここは健全に素敵なお姉さんに手とナニを出します(?
「うわぁ〜ん!ひとりで寂しかったよ、タマ姉ぇ〜!!」
「はいはい、おひとり様にしてごめんなさいね」
「た、タマ姉のナマFTMM・・・・じゅるり」
「マスマス無駄に元気になっていくわね」
「だって昨夜はヤラなかったから・・・・・」
「だったら、今宵は楽しみね」
「サー!イエッサァー!!」
「うふふ、ワレ奇襲に成功セリ」


保健室は戦場だった?!
混沌はマダマダ続きます。
それでは今宵はこれまでに致しとう御座います。
股ドール!!





「ツインヨメで一気に大気圏突破ダッ!!」「お兄タンがお星サマーになの〜」「眩しいの〜」(笑
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村