ある意味でガルパン聖地?!みほ殿とチハタンで武器学校を攻めてきました その2

こんばんわ、貴方のリョウセイです。


昨日は武器学校・土浦駐屯地開設61周年記念祭でした。
奇跡的に休日と重なっていたのでキャラさんと逝ってきました。
武器学校の基地祭に逝くのは実に5年ぶりでしたよっ!!

武器学校の主役は90式戦車でも74式戦車でもないっ!
ましてや、いもしない10式戦車でもないぜっ!!
そう、武器学校の主役はこの89中式戦車だっ!!
なんでも床が抜けたダメージが大きいので5年前に様には走れないらしい。
なのでこの日は倉庫前で展示されていました。
展示訓練後に見に逝ったのですが、すでに周囲は大きなお友達がいっぱいです。
とてもじゃないが、みほ殿の出番はありませんね。

こうして見ても、89式でタイガーやパンテルと戦うなんで無謀過ぎるっ!!
それなのにスゴイよバレー部!!
余がこれでタイガーと戦えって言われたら、速攻で辞表を出しちゃいますよ。
「やっぱり早いんですねリョウセイさんは」
「だってこんな短くて小さな大砲でドウ戦えと・・・・?!」

なんか時代が違うッて感じがしますよね?
なんてたってリベット打ちですよ。
まるで職人さんが手作りしてるみたいですね。
日本人は手先が器用だとチョビ髭のおっちゃんも言ってますよね。

周囲にはロープが張ってあるので近づけません。
でも、おかげで綺麗な写真を撮る事が出来ますね。
「近づけたら私を座らせるつもりだったのですね?」
「あはは、まさかこの衆人の視線に曝された最中でそんな無謀な事は・・・・・」
「無謀を実現してしまうのが、リョウセイさんなのでは?」

後ろからもこんにちわ。
後ろから見るとなんか可愛い小動物みたいですねぇ〜
まるでおふらんすの戦車みたいかな。

ここでチハたんの登場だっ!
みほ殿は出せなかったが、チハたんなら安心して出せるぜっ!!
と言うか、全然恥ずかしくなかった。
この自信はドコからっ?!

こんな事もあろうかと、キャラさんのねんどろみほ殿登場でっす!!
なんとキャラさんが持ってきたみほ殿を89式と一緒に撮ってきました。
流石にちょっと後ろからですが。
なので余も撮らせていただきました。
小さいみほ殿も可愛いなぁ〜(w
「ぱんつ・あふぉ〜!!」

ぱんつはないが、あふぉ〜なので前からちはたんです。
この頃には更に人垣が厚くなっていましたよ。
凄い人気でしたよ、チロたん。
武器学校の89式中戦車は乙型らしいのでチロたんでいいんですよね?
でもガルパンの89式は甲型らしいのでチイたんだな。

チロたんを堪能した後は駐屯地のナカをぶらぶら。
厚生センターに逝ったらお店はやってなかったので裏に出たらなぜかP−3Cとサブマリンな原チャリがいましたよ。
たしか下総にいたヤツですよね?
土浦まで華麗なるシュッチョーですね。

グランドの隅っこでやっと涼香ちゃんのみほ殿を出せました!!
折角なのでねんどろみほ殿をだっこさせてもらいましたよ。
「土浦では自重するかと思いましたわ」
「折角来たのにもったいないでしょ?やっぱりみほ殿には戦車が似合う」
「でも後ろの方にあんなに遠くで・・・・・」
「流石に今回は戦車には座らせられなかったよ。ゴメンね」
「私も恥ずかしいからいいですよ。人に見られるのは苦手です」
「じゃあ余だけにならイイんだね?解った!それなら今宵は余だけの為にみほ殿の恥ずかしい撮影会をしようねっ!!」
「どうしてそうなるんですか?!」

「ぱ、ぱんつ・あふぉー!!」
「小さいけど、やっぱり白いんですね?」
「な、なんの話しですかぁ?!」
キャラさんが収納中に確認させて頂きました。ごちそうさん

そんな訳で武器学校でのみほ殿の出番はこれだけでしたよ奥さん!!
「誰が奥さんなのでしょうか?」
「ふふ、みほ殿が今夜、余の奥さんになるんですよ・・・・・」
「どうしてそんな惨い事に・・・・・神様は残酷です」
「どうしてそうなるのよ?!」

中距離多目的誘導弾とその発射機です。
なんか重MATと中MATの後継機だそうですね。
まったく知らなかったので新鮮でしたよ。
すっかり現用兵器から遠ざかっている余でした。
頭のナカではまだ2000年前後なままです。
なので最新兵器は解らないですねぇ〜

これは解るぜ!
愛しの60式無反動砲だぜっ!!
このイカにも急造されたって感じのチープな車体がジャパネスクでいいですねっ!!
「そんなに小さいのが好きなんですか・・・?」
「そーじゃねーよっ!!」

そして武器学校にあるもう一人の主役が三式中戦車のチヌたんですね。
これは6月に巡礼した時に思う存分痛撮させて貰いました。
あの時の広報さん、ありがとうございました!!

ところで今回は近寄れない様にロープが張ってありましたが、車体が出っ張ってますね。

なのでチヌたんともチハたん記念撮影ですよ。
みほ殿も座らせたかったが、周囲にはやっぱり巡礼者がいます(w
そんな訳でオジサマに大人気なチヌたんハァハァ!!

火砲館も見てきました。
「タカシ!カホーにするぜっ!!」
「カホちゃんハァハァ!!」

広報館も見学出来るので久しぶりに見て来ましたよ。
で、これは戦車砲弾ですね。
やっぱり120ミリ戦車砲弾はデカイですね。これでは人力で装填したら疲れるでしょうね。
自動化も仕方がないな。
でもM1が人力なのはアメリカ人がガタイがデカイからだろうな。肉喰う民族には敵わないか。

これは不発弾の処理方法を再現したものですね。
前に映像で見たが、円盤みたいな部分が火薬の爆発でくるくるっと回転して信管が抜けるらしい?
それにしても不発弾処理の手当が数千円なのは頭が下がりますね。
あんな危険と隣り合わせな作業なのに。

零式艦上戦闘機の照準機です。
きっと世界のパヤオも見てるだろうね?

そしてこれがレティクルです。
電気で光るらしい。
カッコイイので本多はおにぎり号のフロントガラスに付けたいですね。

広報館には銃器がいっぱい展示されています。
特定のケース以外は撮影可能だったので激写してきました。
ランボーの銃や中国のAKもありました。
それとシャーリーのBARも見えますね。

陸自のHGとか。ハイグレードではありませんよ。
拳銃と機関拳銃とか。
なかなかレアものですよね?

この日は曇りだったので展示してある戦車が煤けてる感じでした。
これらもロープで制限されていたので子供達にタンクデサントされずに済んでいますね。
余としてはおにゃのこが砲身に跨っている姿が見たかったのに・・・・
「最低ですね」
そんな訳で、そろそろ武器学校から去りますね。

隣りにある予科練記念館にあった人間魚雷回天です。
これはドラマ撮影に使った品物らしい。
「今度来た時は、これにみほ殿を跨らせようと決意したリョウセイであった」
「そんな決意なんかしなくて結構です!!」

そして駐車場で見たイタ車です。
二期も始まったISモッピー号ですね?
とか、このエロいモッピーだと注目浴びちゃうんじゃなイカ
「見られるのがイイんだな・・・・・ゾクゾク」
「多分、違うと思いますよ」

反対側はモッピーのフトモモ号!?
あるいはモッピーの絶対領域号かっ?!
余もモッピーは好きだが、残念なのはチチがデカイ事だっ!!
「それが残念な事なのですか?!」
「ある特定の意味でだっ!!」
正直、もっとねんどろみほ殿や4号戦車を目撃出来ると思ったんですがね・・・・・
意外にフツーでした。
「実は一番痛かったのは余では・・・」
「さあ、どうでしょうね?」
では今宵はこれまで。
股ドール!!


「そう言えばモッピーのねんどろも買ったなぁ〜」「今度はチチのデカイ小さい子ですかっ?!」

にほんブログ村