今年もヤルぜっ!ああタマ姉お誕生日おめでとう!!

こんばんわ、貴方のリョウセイです。


今年も来ました七夕。
でも余は棚ぼたが好き。
名古屋アフターで棚ぼたでも来ないかなぁ〜
七夕なんて遠距離恋愛カップルが年に一度の逢瀬で青春爆発ファイヤーする日でしょ?
アハハ、余にはカンケーねー・・・・・・(目からナニか熱いモノが・・・・・

ソレは兎も角七夕の7月7日は余の最愛の人タマ姉の誕生日ですね。
なので久しぶりにタマ姉を撮影しました。
「確か最後の出番は去年のクリスマスだったわ・・・・・」
「うう、ごめんねタマ姉。でもタマ姉が一番ダイスキだよ」

「とか言っちゃって今年もすでに新しい女の子を何人もお迎えしてるわよね?」
「うっ・・・・・これは漢の性分なので・・・・・」
「堪え性のないリョウセイですものね。もう諦めたわ」
「新しいおにゃのこをゲットしても、タマ姉はオールタイム特等席さ。安心していいから」
「それがほんとだったらね」
「余はいつでも本気汁だよ」
てな訳で久しぶりのタマ姉ですが、某の体操服セットを着せてみました。
でもこれ、確かさーりゃん用だったかな?ぬーブラなんで、ナニか透けてます(w

この体操服の上ですが、裾が長いんでヨロシイッ!!
「思わず肉迫しちゃうよっ!!」
「まるでどっかのブログみたいよ」
「だって久しぶりのタマ姉のフトモモだヨッ!今夜は思いっきりハァハァするんだっ!!」
「後ろからもハァハァするんでしょ?」
「トーゼンでありますっ!ブルマに包まれたタマ姉のケツゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」
「まさにおサルさんよね」

「さっきからブルマにばっかり反応してるわね。そんなにブルマが好きなの?」
「だってさ、タダのブルマじゃないんだゼッ!タマ姉のブルマなんだよっ!!これはもう世界太田遺産だよっ!!」
「その無駄に熱いリョウセイの熱意・・・・見ているだけで胃が痛くなってくるわ・・・・」


「ハァーウェー・トゥー・ザ・デルタゾーン!!」
「思わず三連写シチャウほど嬉しいのね?」
「この上着の裾からちょこっとだけ見える禁断のデルタゾーンが本当の幸いなのです」
「どうやらリョウセイの煩悩を増幅させてしまったみたいね」
「ふっ、罪なタマ姉のフトモモです・・・・・」
「あら、デルタゾーンが好きだったのではなくて?」
「フトモモとブルマが作り出した魅惑のバミューダトライアングルなんですよ」
「三角なのね」
「ああ、好きだったよ魔法戦士スイート・ナイツ・・・・・」
「三角がトラウマなんて・・・・・」
「四角いのがトラウマなペヤングだっているさ・・・・」

「今度は上から目線で」
「うふ、これでいいかしら?」
「可愛いよタマ姉。これが人妻だなんて・・・・」
「何の事かしら?征西府のタマ姉は永遠にリョウセイだけの妻よ」
「おろろ〜ん!タマ姉ダイスキ!!今宵は寝かさないからっ!!」
「でも今頃リョウセイはキャラさん邸でしょ?」
「だったら夢のナカでタマ姉と添い遂げるっ!!」

「夢のナカでもフトモモだっ!」
「だんだん意味不明になってきたわよ?」
「スリスリ擦りつけたいニーソです」
「だからってニーソに入れちゃダメ。汚れるでしょ?」
「寧ろ汚したい!タマ姉を余の濁り湯でっ!!」
「温泉成分はソフビと間接に良くないと思うわ・・・・って、私は久しく温泉なんか連れてってもらってないけど」
いづれ股逝こうね。その時は組んず解れつに・・・・」
「温泉に連れてってくれたら、またブルマ履いてあげてもイイわよ」
「ほんとっ?!それじゃ早速ホテル探さなくっちゃ!!」


「嗚呼シャブリたいっ!!」
「ああん、こんな格好させるなんて・・・・」
「おっと、こんなトコロに凄い土塁が・・・・こりゃ難攻不落のお城だな」
「バカね・・・・・早く攻めていらっしゃい」
「今日は脱がさないと決めたんだっ!だからブルマを堪能するゼッ!!」
「リョウセイの事だから、てっきり脱がされると思ったわ。大人になったのね」
「ここで脱がすとコッチがヤバイからね。でも大人になったって言うけど、実は大人になるとマッパよりも着衣プレイに嗜好が変化するんだよ」
「それって実はHENTAIプレイに移行するって事よね?」
「守備範囲が広がるとも言うかな?」
「それじゃ、大人になるとローアングルになるのも同じなのかしら?」
「これは子供目線になりたい大人の願望さ」
「都合良く使い分けてるのね?」
「大人だからね」
「うふ、アレは子供のままなクセに」
「ほっといてYO!!」

タマ姉はドコも彼処も立派な大人バディ・・・・」
「ハァハァしちゃう?」
「思いっきりブチ込みたいです」
「それは正直過ぎるわよ」
「だって今年はまだタマ姉とはシテないんだぜ?!」
「それはリョウセイがイケナイのよ。タマお姉ちゃんをひとりぽっちにしてたから」
「うう、ゴメンナサイ。だってエロエロと忙しかったんだよぉ〜」
「エロエロと、なのね」

「ねえ知ってた?」
「ナニをですか?」
「実は私ってまだリョウセイの実体と一緒に温泉とか里とか行った事ないのよ」
「えっ・・・・・・?!」
「だから、ね・・・・・・・」
「もしかして、実は余の実体とタマ姉はまだだった?!」
「そういう事よ」
「迂闊ケンジ!!」
「だから私はまだ本当の妻になっていないのよ」
「愚かな余を恨んでくれ」

「罪滅ぼしに、タマ姉には教室でベンキを使用してもらうね」
「・・・・・・みんなに見られちゃうわよ」
「それがイイんだよ・・・・・タマ姉の恥ずかしい姿をみんなに見せちゃおうよっ!!」
「みんながみんなリョウセイみたいにHENTAIじゃないわよ?」
タマ姉ならみんなオッケーさっ!!」
「ちょっと・・・そんなトコロにいたら掛かっちゃうわよ?」
タマ姉の生ビールなら、最高の一杯さっ!てかお代わり三杯マディ!!」
「うふふ、やっぱりHENTAIなリョウセイなんだから・・・・・そんなあなたを見てると私までおかしくなっちゃうわよ」
「それじゃ一緒に用を足そうか?」
「リョウセイのは生ビールじゃなて、レモンソーダね」
「そこまで甘くないから」

「HENTAIなリョウセイ・・・・・そして私もHENTAI・・・・」
「誰もいないからって放課後の教室で放尿しちゃうなんて十分HENNTAIだよっ!!」
「だってあなた好みの女になりたかったから・・・・・・」
「可愛いよタマ姉・・・・もっと余好みのHENTAIにしてあげるね」
「ゾクゾク・・・・・・・私、どうなっちゃうのかしら・・・・・・?」



タマ姉なのに、思いっきりフェチってシマいましたぁ!!
「ブルマは脱がさないって言ったのにね」
「だってぇ・・・・・」
「まあ、いいわ。許してあげるわよ」
「わーいっ、やったー!タマ姉は優しいから大好きっ!!」
「もう・・・バカなんだから・・・・・」
では今宵はこれまで。
股ドール!!



「余とタマ姉は永久に・・・・・・・真実の人」
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村