ささら 愛の南朝忠臣にアイに逝く がんばっています東北!!

こんばんわ、貴方のリョウセイです。

日光の宿では飯と風呂以外はほとんどさーりゃんを撮りまくっていた。
おかげで腰痛悪化な余です(w

「あ・・・おはようございますリョウセイさん」
「おはようささらさん。昨夜さんは素晴らしい夜だったね」
「もうリョウセイさんったら・・・・・思い出すだけで恥ずかしいです」
「しっぽり情熱的だったもんね。忘れないよ、ささらさんとの熱い思い出」
「私もです・・・・」

で、なぜか水着なさーりゃんです。
「どうしてお風呂入るのに水着なんか着るのさ?」
「だって・・・こんなに明るいと見られてしまいますから・・・・」
「へっ、ナニを?」
「リョウセイさんのイジワル・・・・・」

ちなみに今朝は雨でした。
「また雨だよ。日光に雨は付き物かぁ?」
「折角の旅行なのに・・・・ちょっと残念です」
「天気はがっかりだけど、ささらさんとの素晴らしい思い出を創れたから日光も悪くないな」
「もう、それを言わないで下さい・・・・・・」

「それじゃ、朝風呂を楽しんで下さいね」
「朝からお風呂だなんて、まるで・・・・」
「お願いだからナイトシフトだなんて言わないで下さい。旅行気分が台無しですから」
「ご自分で仰っているのではありませんか?」

「うう・・・折角の水着なんですから、お約束をオネガイシマス!」
「きゃっ・・・・・もうリョウセイさんは・・・・・」
「やはり水着ときたらポロリがなくっちゃねっ!!」
「ほんとに馬鹿なんだから・・・・・」
朝から、さーりゃん大サービスです(w
この後は、さーりゃんが入ったお風呂を余も堪能してきましたよ。
「むふふ・・・いいダシ出てるな」
「誰がダシなんですかッ?!」

朝食も海賊です。
実際バイキングって提供する方は楽なんだろうな。
でも食い残されると材料費が嵩む。人件費との掛け合いが難しい所か?
それは兎も角、今朝のチョイスはウィンナー(ポークビッツではないっ!)
それとベーコン、ひじき、れんこん、みそ漬け、たくあん、漬け物、鮭、サラダ、ポタージュ。
それにパンでした。
まあ定番な朝食ですよね。
この後パンをもう2個お代わりしてオレンジジュースで締めて来ました。
朝食後は速やかにチェックアウトして出掛けようとしたんですが、唐突にETCが使えなくなった!?
いろいろ試してみたが、どうやらカードが逝かれた様だ。昨日までは問題なく使えたのに・・・・
なので二日目は、現金で高速を走ったので割り引きがなかったよっ!!

久々の一般レーンで高速を走って向かったのは、福島県白河市です。
久しぶりに白河ことりちゃんの小峰城を見たくなったからです。
蟹鹿群のサイトで知ってはいたのですが、小峰城東日本大震災の被害で天守を含む本丸や薔薇園は閉鎖されていました。
なので白いフェンスの向こうには入れませんでしたよ。
その為と雨の所為で人が少なかったんでしょうね?
こんな目立つ場所で、堂々とさーりゃんの撮影が出来ましたよ。
「ですが雨でささらは濡れてしまいます・・・・」
「オッケーさーりゃん!もう濡れ濡れだねっ!!」

がんばっています東北!
小峰城の本丸石垣は、現在鋭意修復中です!!
「直ったら股来るよ!待ってるからね白河ことりちゃんの小峰城!!」
「・・・白河ことりさんって誰ですか・・・・また新しい浮気相手ですか?」
「ああ、なんかささらさんが不機嫌になってるっ?!」
ところでさぁ、人からあんまりがんばれがんばれって言われるとイヤになりませんか?
こっちは十分にがんばっているのに。
なので余はあんまりがんばれがんばれって言われたくないです。

唐突に上空で爆音がっ?!
空を見上げたらなんとファントム無頼がっ!!
空自のF4ファントムですね。久しぶりにミタような気がするよ。
もしかして偵察様のRF4の方か?
でもなんでこんな所を飛んでいるんでしょうね?
「まさかさーりゃんを偵察しに来たのかッ?!」
パイロットさんが歴史の目撃者になってしまったのですね」

公園の入り口は、ちょっとお城っぽく演出されていました。
こんな感じだとちょっと姫路城みたいかな?
本丸に入れないので、周囲をうろうろして撮影スポットを探していたら向こうからリアルアベックがキタぜ!
なので慌ててさーりゃん撤収です。
その後もぱらぱらお客さんが来てました。

本丸の周囲には腰曲輪がぐるりとあるんですが、そっちの石垣も崩壊していました。
ここはまだ手付かずみたいです。
この石垣の上にはなんらかの石碑があったみたいですね。
台座が下まで落ちていましたよ。

二の丸西側にあった馬出らしい場所の帯曲輪門跡の礎石か?
なんとなく庭の置き石みたいなので思わずさーりゃんを座らせて来ましたよ。
「ああ、置き石に座っているささらさんが可愛いっ!!」
「お願いですから叫ばないで下さい。とっても恥ずかしいですよ」
「叫ばずにはいられない程にさーりゃんが可愛いんだっ!!」
「付ける薬がないです・・・・」

本丸西側の腰曲輪は石垣の下に土塁が見られます。
こっちの石垣は崩れなかったみたいですね。
小峰城はこっち側を見ると中世のお城って感じがしますね。
江戸時代になってもあんまり改修されなかったんでしょう。
そんな訳で今回は水堀に沿って歩いてみる事にしましたよ。

こう見ると結構幅がある水濠です。
釣りをしている人もいました。
「釣りですか?」
白いワンピのおにゃのこに声を掛けられたいものですね。

北側からミタ小峰城天守です。
こっち側からこんなに近くで見るのは初めて(ファンタジー)ですね。
ちょっと見で松本城みたいかな?
早く上がれる日が来るといいなぁ。

小峰城天守の大サービス!
水鳥のカップルも大興奮?!
やっぱり水濠と天守ってのは絵に成増なぁ!!

水濠に沿って歩いて逝くと搦手門跡がありました。
今は門跡の石垣が残るのみ。でも通行止めになっていました。
ところで土橋の部分なんですが、なんと畑になっていましたよ!
なんか微笑ましい光景だったので思わずシャッターを切りました。

小峰城に来た時は雨が降っていたのですが、周囲を歩いていると晴れてきましたよっ!
おかげで青空を背景に天守を撮影する事が出来ました!!
ついでにさーりゃんも出しちゃいました。ちなみに背後には社宅らしいアパートがあります。
「晴れてよかったね」
「そうですね、これも日頃の行いが良いからですね」
「ささらさんのね」
「リョウセイさんだって・・・・きっと・・・・多分・・・・もしかしたら・・・・・」
「いいんださーりゃん、もうナニも言わないで・・・・・」

青空と天守と水濠と美少女(w
まったくもってエクセレント!
余は思わずエレクトしちゃうもん!!
「ところでささらさんは久しぶりのデフォ服ですね。確か勝負デート服だったと思いますが・・・」
「・・・・・そんな事、わざわざ言わなくていいです・・・・・・」

折角晴れたんで、もう一度二の丸に戻って来ました。
そしたらこっちから見るとまだ雲が多いんですね。
晴れているは南の空だけらしい。
でも雨が止んだんで再びさーりゃんを庭石に座らせて来ました。
こっちから見ると石垣だけの廃城みたいですね。

「さーりゃんの太股が眩しいです・・・」
「そんなところしか見ていないのですね」
ちなみにデフォ服の黒ニーソは某クオリティで怖いので、ドルパで買ったハッピードールプラスさんの黒ニーソを初使用しています。
「余はそんなところしか見ていないんですっ!ああ、ぺろぺろシタイっ!撫で撫でシタイっ!頬摺りシタイですっ!!」
「昨夜、散々したではありませんか・・・・」
「昨夜は昨夜、余は今シタイんですっ!!」
「流石にここでは・・・・・」
「そうですよね・・・・ショボーン

正面に戻ったら団体さんが説明を受けていました。
これじゃ標柱で撮影は無理ですね。
「少し遠いですけど、ここからでも十分に素晴らしい天守ですよ」
「そうですね。ありがとう小峰城!」

小峰城から最後の写真は二の丸に残る堀の跡。
昔は空堀があったのかな?
それにしても晴れてよかった。
やっぱり痛撮には太陽が必要だよね。

町中に移動中、白河でも有名な白河ハリストス正教会があったので写真を撮ってきました。
いつの日か、こんな白い教会でさーりゃんとケコーン式を挙げたいものですな(w

町中にある関川寺は南北朝期に白河を治めていた白河結城氏の館跡らしい。
周囲に土塁と空堀が残っている。
そして関川寺には花将軍北畠顕家と共に南朝の為に戦った結城宗広のお墓があるんですよねぇ。
なので逝って来ましたよ。
宗広さんは顕家と一緒に上洛戦に参加して白河に帰る事無く伊勢で亡くなってしまいます。
南朝の為にご苦労様でした。ありがとう。

白河は戊辰戦争での激戦地でした。
その為市内各所に戦死者を慰霊する石碑がありました。
関川寺の土塁の近くにもありましたよ。

更に近くの妙関寺には、伊達政宗が植えた乙姫桜がありましたよ。
なかなかの見事な枝振りです。
今度は咲いている時期に来たいですね。

関川寺にあった結城宗広さんの銅像です。
折角なのでさーりゃんとツーショットですよ。
「ごめんなさいまし宗広様。ご迷惑をお掛けしています」
「うむ、ささら殿は儂と同じく南朝に尽くした菊池の姫でござる。遠慮は無用」
「だってさ、よかったねささらさん」
「・・・・・・・ご都合主義」

てな訳で二日目は一新して福島に来ちゃいました。
やっぱり天守がある城跡はいいですよねぇ。
痛撮し甲斐がるというものだ!
思わぬ太平記ツアーも出来た事だし白河楽しいよ!ことりちゃんマンセー!!

それじゃ今宵はここまでです。
白河でも股ドール!!