愛の再訪浄土へ タマ姉官能の京へ行く! 

こんばんわ、貴方のリョウセイです。


すでに新年度、もうすっかり春なんですねぇ。
ところで先月末は京都ドルパのアフターイベントでしたね。
余はWeb参加でしたが、当選したのは遥佳のテニスウェアセットでした。
DDdy用なのでタマ姉に着てもらって、そふてにごっこをする予定です(楽しそうだっ!)

四月になったので余の頭の中もすっかり春です。
四月は卯月なので余のあそこもうずいてきたので春を求めて旅に出掛けました。

そんな訳で4月1日は早起きして新幹線に乗って西方浄土を目指しましたよ。
最近は8時30分東京発ののぞみに乗るパターンが増えました。
でももうガインののぞみは引退してしまったんですよね。
結構スキだったなマイトガイン。

朝食はのぞみの中で。
駅弁は高いのでコンビニで買ったカレーぱんとウィンナーぱん。
残念ながらストぱんはなかったので履いてます。
それと余の必需品のポカリ。
手前にある薬は食後に飲む痛み止め。足腰に利くんだな。

久しぶりに間近で見る富士山。
雪が多くて白くてきれいですね。
新幹線から富士山を見られるのは3回か4回に一度ぐらいです。
レンズも今までの55から125にパワーアップしたので大夫アップに撮れました。
思わずりっちゃん達が興奮しちゃうのも解りますね。

ちょこっと望遠で、けいおんの聖地、豊郷小学校もばっちりです。
白い四角い校舎が旧豊郷小学校です。
この日は日曜日なので聖地巡礼で賑わっていることだろうな。
股、逝きたいですね。

約2時間半で官能の京に到着しましたよ。
白い京都タワーを見ると、上洛したなぁって実感出来ますね。
リアル良成親王は来る事がなかった花の京ですが、余が来るのは何度目であろうか?

今回も京都駅から電車を乗り継いで、来たのは嵯峨嵐山です。
そんな訳でお人形者の西方浄土、天使の里へ再訪です。
流石に日曜日なんで、結構賑わっていましたよ。

今回のお供は最愛の人です。
ヅラを改良したのでムショウに野外プレイがしたくなりました。
そんな訳で人目を気にする事なくお外で露出出来る唯一の場所に来ちゃいました。
これで心置きなく外でタマ姉といちゃいちゃべたべた出来ますよっ!
「私もリョウセイと二人っきり、花の京で楽しんじゃうわよ」
「まるで夢のようだなぁ〜」
「夢かどうかは、今宵思う存分試してみなさい」
「うはっ!今夜は官能の嵐タンだなッ!」
そんな感じでセッティングした後はひたすら素敵なお庭で撮影を開始した!

「あらあら、京へはお花見しに来たのではなくて?」
「うむ、だが京の桜はまだ早かったようだ。里の桜も御覧の通り」
「くすっ、早いのはリョウセイと一緒ね」
「って、ナンのお話しだよッ!!」
余がドールショウで売っている扇子ですが、購入されたお客さんが野外撮影で使っているのを見た事はあるのですが、
自分で使うのはこれが初めてかも?
桜が咲いていない事を想定して、桜の扇子を持ってきましたよ。
工房の前に僅かに咲いていた桜タンと一緒に記念撮影出来ました!

3月は30日で生産が終わった!しかも定時にッ!!
なので新しく開店したヤマダ電器に寄って安い三脚を買ってきました。
で、ドール撮影用に改造したのがこれです。
畳めば折りたたみ傘よりもちょっとだけ大きいぐらいなので持ち運びもコンパクトです。
今回は三脚を持ってきてよかったです。
でも、この日は風が強かったのでちょっと怖かったですね。
小さいので安定性はイマイチか?

小さくても立派に三脚です。
おかげさまでこんな構図で桜を愛でるタマ姉が取れましたよ。
「来週が見頃かしら?」
「例年だと京都は満開な筈なんだけどねぇ〜。予定外だったよ」
「でも、リョウセイと桜が見られたので私は嬉しいわ。連れてきてくれてありがとう」
「今年もタマ姉と花見が出来て嬉しいよ。余は幸せ者だ」

「嬉しい事、言ってくれるわね。そんな事言われたら、何かお礼をしたくなっちゃうわ」
タマ姉の素敵な笑顔だけで十分だよ」
「うふふ、ありがと」
「だから今宵は楽しもう!」
「ふふ、結局はそれなのね・・・・節操のない宮様なんだから・・・・・」
「節操無さ過ぎてゴメンね」
「それがリョウセイの取り柄ですものね」

この日はかなり雲が多かったです。
「風は兎も角、もっと青空が欲しかったわねぇ」
曇の隙間から覗くお日様が恋しい。

趣ある庭園の小径。
こんな素晴らしい日本庭園で、好き放題ドール撮影出来るなんて羨ましいよ関西人!
せめてアキバぐらいの距離だったら、余だって毎週逝っちゃうのにぃ!!
「・・・・だから早過ぎると・・・・・・」
「そっちじゃないよぉ!!」
今回の撮影はタマ姉の普段着の小袿なんですが、この格好で外歩いたら袴や裾が汚れちゃうよな。
平安時代の人はどうしてたんだろ?

水の流れを背景に、岩に佇む平安美人(w
「流石にこの髪型の平安美人はいなかったと思うわよ」
「でもこの髪型じゃなければ、タマ姉じゃないよっ!」
「まあ、京都だからいいか」

「やっぱりタマ姉には平安装束が似合うマンダム」
「日本庭園ならこの格好もおかしくないわよね」
「これが撮りたかったんだよっ!やっぱり来てヨカタ!!」
一階ロビー前の池です。
お客さんがいっぱいいたのでここで撮影するのはちょっと恥ずかしいですね。
「み、見られてるっ!!」
「みんな自分の娘しか見ていないわよ。リョウセイなんかアウトオブ眼中ね」
「放置プレイかっ?!」
「だが、それがイイんでしょ?」
「まったく、タマ姉には敵わないよ」

なので人目を気にせずタマ姉一人野点を実施する!
今回はこんな煩悩撮影をする為に荷物が多くなってしまったよ。
実はいつもの洛中洛外図屏風も持ってきていたんだが、出すのを忘れた罠(w

「きゃっ!」
どら焼きを食べていたら、強風で髪が乱れるタマ姉の図(w
野外撮影で風が強いと困るのは、転倒もそうですがやっぱりロン毛が乱れる事です。
余の娘達はほとんどがロン毛なので絡まる絡まる・・・・・・
なのでブラシ片手に撮影していますが、タマ姉の髪を整えながら「余ってタマ姉を愛しているんだなぁ」と幸せを噛み締めています(煩悩だっ!)

これも野外プレイでは初めて(ファンタジー)使用する手作り抹茶茶碗です。
なぜか勢いで造った陸上自衛隊迷彩柄です。
一度、野外で野点を撮影したかった。
流石に重いので茶釜は持って来れなかったけどね。
そんな訳でリョウセイ、天使の里で野点を実施してきましたよ!
「外でいただく抹茶も美味しいわね」
「外でいただくタマ姉も・・・・・げふげふっ」
「馬鹿・・・・・」

それにしてもニュースを見ると今日は天気が大荒れみたいですね。
まったくいいタイミングで逝ってきたものだ。

里での写真はまだまだいっぱいありますが、今回はここまでです。
それでは股ドール!!