あずにゃんと爺ちゃんの墓参り?!

こんばんわ、貴方のリョウセイです。

唐突ですがNHKの歴史秘話ヒストリア後醍醐天皇ネタですね。
一応、オリジナルの良成親王のお祖父様です。
そんな訳で、今回は後醍醐天皇のお墓に逝って来ましたよ。
と、言っても吉野まで逝った訳ではアリマセン。
それじゃあ、一体ドコへ?!


てな訳で、やって来たのは茨城県の北部太平洋側中郷町のとある神社。
ほんとうに町外れにある小さな神社です。
実はここが後醍醐天皇のお墓というのですよ?!

この後醍醐天皇陵の存在を知ったのは「後醍醐天皇竹内文書楠木正成足利尊氏」という本です。
あの超アヤシイ竹内文書が元ネタらしいのです。
それによれば後醍醐天皇は吉野で亡くなったのではなくて、なぜかはるばる常陸国までやってきていたと言うのですよ。
で、ここで足利方にやられて亡くなったそうな。
爺ちゃんこんなところまでわざわざ・・・・余は感激でっす!!

でもここを参拝していると周囲の民家の犬が吠えまくる。
なので家の人が疑わしそうに顔を出すんだなぁ。
これじゃまるっきりの不審者扱いだよ。
って、神社でこんなの出して写真撮っていたら、かなりの高確立でヤバイ人(w

次の目的地に移動中に昼食。
折角の奥久慈なので、天ざる定食を注文しました。
こっちの方はお蕎麦が美味しいです。
寒いけど冷たくてシコシコツルツルでした。(けっしてナニした訳ではない)
天ぷらは舞茸が旨かったです。
セットの豚丼もニンニクが利いていて美味しゅうございました。
ただし、出るのに時間がかなり掛かったけどね。
おかげで左右後ろから煙草攻撃を浴びたよ。

さて今回の目的は袋田の滝を見る事です。
滝が凍っているとの事で逝ったのですが、手前のおみやげ屋に駐車して滝に向かったのですが、
すでに手前の川が凍っていましたよ。
すげー鉄板凍っているぜよ。これなら歩いて渡れそうな感じでした。
これなら滝も期待出来そうです。
思わず歩みが早くなる余でした。

そんな訳でエレベーターで展望台に昇ったら、これまた見事に凍り付いておりましたよ。
袋田の滝へは何度か来た事がありましたが、凍り付いたのは初めて見ました。
いやまあ立派に凍ったものですねぇ。

エレベーターを降りて、下の展望台に来ました。
実はこっちの方が見上げる感じで滝が大きく見えます。
この日は平日ですが、流石に凍ったとテレビで話題になっただけあって結構人が来ていましたね。
おかげであずにゃんを撮影するのがかなり困難でした。

余的には上から見るよりも、こっちからの方が迫力あって見応えあると思いますねぇ。
でもまあ下からだと別名「四度の滝」の内の下二段しか見えませんけどね。
ですが滝ってのは迫力があってなんぼのもんでしょ?

人目を盗んであずにゃん撮影決行仮面?!
完全羞恥プレイだっぜ!!
ああ、でも見られるのがイイッ?!

それはともかく、ほんとに見事にカチカチな袋田の滝でした。
これは是非みなさんも「見て下さいッ!!」

参道でおやきを売っていたので購入しました。
チーズとか心惹かれましたが、おやきはやっぱり野沢菜ですよ。
なので野沢菜をゲット。
ですが皮がちょっとねちょねちょだったかな?
やっぱ信州のおやきには勝てないか?!
ところで後ろに写っている袋田水子って、ちょっち怖ひ!!

帰りの途中、久慈川に掛かるレトロな橋を発見!
って、何度か見てはいるのですが、今回は立ち寄って見てきました。
こういった木の橋は趣があって好きですねぇ。
前に熊本に逝った時はレトロな石橋がたくさんあって素敵でした。
スゴイのはこの橋ですが、車でも渡れます。
端じゃなくて真ん中を渡る必要はありませんよ。

これまた途中のおみやげ屋さんで、巨大水車前で記念撮影。
最近はこんな感じのおみやげ屋さんを見て歩くのも楽しいです。

帰りの途中で瓜連町を通過したので立ち寄って来たのがこの瓜連城です。
ここはあの北方謙三さんの南北朝時代を扱った北畠顕家が主人公の小説「破軍の星」で存在を知ったお城です。
一度来てみたいと思っていたので、藤原の寄り道して来ましたよ。

この瓜連城は、あの太平記でのスーパースター楠木正成の従兄弟である楠木正家が代官をしていたお城なんですよ。
佐竹相手に奮闘するんですが、結局は落城。
その後、正家は正成の息子である正行と運命を共にしたらしい。
城跡は常福寺になっています。

常福寺の裏側に、割と当時の雰囲気が味わえる遺構が残っていました。
ここは高台の端に当る部分で、本丸跡らしいです。
土塁と虎口跡が見受けられます。

虎口を降りて城塁に沿って北上してみました。
ここは腰曲輪になっているようです。
これがまた見応えあっていい雰囲気ですよ。
イカにも中世のお城って感じですね。

この北西部のお堀が圧巻!
瓜連城の見所ですよ。
堀の深さは8m幅10mだそうです。
本来、この堀が本丸をぐるり囲んでいたらしいが、今はこの先に幼稚園があってそこで埋まっているそうです。
って、またもや幼稚園の周囲を徘徊するあやしい人物に成り果ててしまったよ!!
城跡は幼稚園や小学校や中学校になっている事が多いので、必然的に周囲を徘徊する確立が増大です。
なにを隠そう余は大船の清泉女学校がある玉縄城跡を無断で校内徘徊した事があります。
だって事務室逝っても誰もいなかったんだもん!!
今だったら即通報ですな。
くわばらくわばら。

本丸跡は杉林。
周囲には土塁が残っています。
ついでに雪も残っていました。
瓜連城は単郭のお城だったようですが、本曲輪は割と広めでしたよ。

本曲輪北側の城塁の端に源太郎稲荷がありました。
この土塁は内側から見ても3mほどあって立派です。
この後ろが見所の堀です。
左側が幼稚園。ハァハァ!?

雪とあずにゃん
あずにゃん中野梓といいます。
実はあずにゃんの身体は戸松のもの。
なのであずにゃんに身体を乗っ取られた戸松はFさんに頂いた芳佳ちゃんのスク水バディですよ。ハァハァ!!

本曲輪の西側。
こう見ても城塁の高さが解りますね。
下には腰曲輪がありまして、これが城跡っぽくて良かったですね。
所で本曲輪の南西は墓地になっていたのでイカなかったです。
夕方に墓地にイクのはいくら霊感なくてもやっぱり怖いですよ。

最後に、今回はあずにゃんと一緒だったので夕食はカキフライ先生定食を食ってきたよ。
カキフライはやっぱりタルタルソースが旨ひ!!
今回はドライバーだったんで呑めなかったが、カキフライ喰いながらビール呑みてぇYO!!

そんな訳で、今回は前から逝きたかった後醍醐天皇のお墓と、
凍り付いた袋田の滝と、楠木ゆかりの瓜連城に逝けたのですごく楽しかったです。
とん膳のカキフライもとても美味しゅうございました。

それでは今宵はこれにて失礼いたします。
では股ドール!!